カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 新生児が苦手だった話
ママの悩み

[0歳0ヶ月]新生児が苦手だった話 [育児の体験談]

5984人に読まれました
2015-07-25 00:44
出産前、新生児が我が家にやってくる。
大丈夫だろうか?ととても不安でした。
不安で眠れなくなったことすらあったのです。

私何を隠そう新生児期が苦手だったのです。

赤ちゃんは可愛いし、本当に楽しみでした。
けれどどうしても新生児期が苦手。

周りは「新生児ほど可愛いものないじゃない!」
と言うので私はおかしいのかなーなんて思ったりしていました。

後追いの時期よりも2歳のイヤイヤ期よりも新生児期が苦手。
むしろ新生児期を除けばどの時期も子供の成長が垣間見れて楽しみだし、楽しかったのです。

1人目は泣きながら
どうして寝ないんだろう。
何で泣くんだろうってソファーで抱っこしながら寝たりしました。
一緒になって泣いたりもしてました。
お母さんも泣きたいよーって。

2人目は
上の子と年齢差があまり無かったので寝かしつけの時に苦労したんです。
赤ちゃんは泣く。上の子は私と向き合ってギュってして寝たい。
でも赤ちゃんが泣くから寝れないと上の子が泣く。
なので、下の子を寝かしつけてる間に待ちきれず上の子泣きながら就寝。
それを見て私号泣。
あぁ。ごめんね。寂しい思いをさせて。って。

うぁーー。思い出しただけで辛い。

こんな感じの新生児期。
もう精一杯だったんですよ。

ところが3人目!
かーーーーわーーーーいーーーーー!!
本当に可愛いんですよ。

夜泣きすら可愛い。
泣いているんだね。あぁ可愛いって動画を撮っていたくらい可愛い。(早く抱いてやれ)
どれだけ抱っこしていても辛くない。

こんな気持ち初めてでした。
どうしてこんな気持ちで上の子を見てあげられなかったのか。勿体無い。と思うくらいです。
本当に食べてしまいたいと思うくらい可愛いのです。


どうしてかな?
って考えた時に発覚したのです。
心の余裕だと。
両家とも実家に頼る事は出来ない事は上の子の時と変わりません。
何が違うって
今回は上の子とも年齢差があるので、面倒を見てくれる人が増えた。
家族みんなで子育てしている気持ちになり心にゆとりがもてたのです。

凄く大きな事でした。1人目も2人目も心の余裕が無かったのです。
私は新生児が苦手ではなかったのです。
それは心の余裕の無さが生み出したものでした。

私は新生児が大好きだ。
ずーっと大きくならなくていいよ。
って言ってました。

今回得た教訓!一生懸命になりすぎない!心に余裕を!




1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる