カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 不妊治療と旦那の理解☆まろうの妊活☆
妊活

不妊治療と旦那の理解☆まろうの妊活☆ [妊娠・出産の体験談]

433人に読まれました
2015-07-29 01:22
不妊治療をしていると、結構ストレスが溜まってきますよね。
基本的に病院へいくのも、いろいろ投薬されるのも、先生から聞いた話を旦那さんに話すのもすべて私です。
旦那さんはお仕事があるし、子宮筋腫持ちなので当然のことと言えばそうなんですが、男性側も関心を持って支えてほしいですよね。
うちも、旦那さんは優しいので気遣ってくれる方なのですが、
時々あれ?と思うことがあるので一緒に考えてもらうように私もいろいろやってみました。
  • 最初は微妙に温度差がありましたが…

    最初は先生からの話を伝えても、

    「そうなんだ。でさー、…」

    と他の話題にすぐ移ってしまい、まるで話を聞いてない様子。
    実際後で覚えていないことが多い。私の目に見える不調にはすごく優しく気遣ってくれるのでありがたいのですが、治療内容に関しては、大まかにわかっていればいいや、というスタンスのようで、なかなか真剣に聞いてもらえませんでした。
    しかし、治療が進んでも一向に妊娠する兆しはなく。しまいには私がいろいろため込んでしまって、耐えかねて泣いてしまったことがありました。
    そのときに、さすがに本当に深刻なんだ、と思ってもらえたようで、それからは「それってどういうことなの?」とか、「先生今日なんて言ってた?」など聞いてきてくれるようになりました。

    また、つい最近、先生に

    「そろそろ人工授精に移行してみようか」

    と言われたので、旦那さんにその旨を話し、口で話すより資料を見てもらった方が頭に入るかな、と思い、わかりやすくまとめられたネットの記事を見てもらいました。
    そのとき、妊娠に影響する煙草についての記事も見てもらったのですが、それまで煙草をやめる気配がなかった旦那さんも、
    「人工授精だとお金もよりかかるし、自分の負担も増えてくるし…」
    と考えたようで、そこからぴたりと煙草をやめてくれました。
    しっかり考えてくれている感じが分かって、とても嬉しかったです。

みんなへメッセージやアドバイス

やはり、長い道のりになるかもしれない不妊治療、パートナーと一緒の方向を向いて進んでいけるのが一番です。
女性が一人でため込まないように、男性側も一緒に不妊治療をしていけると理想ですね。
3

上へもどる