カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ
ママの悩み

[0歳10ヶ月]夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ [育児の体験談]

1706人に読まれました
2016-11-22 17:08
出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。
しかしながら、育児書やwebの情報に書かれているように上手な育児ができない人もいます。
私がそうです。
  • リズムができないのはママのせい?

    生後10か月になり、振り返ると夜中の授乳も昼間のお昼寝も、前後はあるにしろ一定のリズムが出来上がると思います。

    ただ、そのリズムをつかむまでに母親がどれだけ回復しているかというのは、重要なポイントかもしれません。
  • だらだらしたらいいんです

    何度か書いておりますが、産後すぐはやはり体を休めておくべきでしょう。
    私は動ける喜びから、あれやこれやとやってしまったので、あとでどんどん体調が悪くなってしまいました。

    里帰り出産はしなかったとはいえ、初期は実母が日中わずかな時間でも顔を出してくれたので、もう少し甘えていればよかったと思います。

    状況が許すのであれば、「ダラダラしても構わない期間」なのです。その分、赤ちゃんとの生活に集中すべきなのです。
  • お互い様は神話です

    我が家は賃貸、古い木造のアパートだけあって足音も声も響きます。
    上の階にも小さな男の子が2人いますが、とにかく響きます。
    吊り下げ式の蛍光灯が、ダンスするくらいには響きます。

    この世帯以外は、子ど建ての終わった世代がお住まいで、ひっそりしています。
    それが故に、我が子が夜半・早朝に泣くことについては、神経質になっていました。

    現状も変わりませんが、「お互い様」で済ませる住人構成ではないので必死です。
    また、「お互い様」なんて言葉に甘えたくもなかったのです。
  • 寝かせてください

    常に気を張りっぱなし、赤ちゃんの生活のリズムに合わせられない。
    そんな状況で、ストレスがたまらないわけはありません。
    夜も寝ているのか寝ていないのかわからない生活。昼間はとにかくだるくて眠い。

    3か月になる頃には、朝から「お願いだから寝てください」状態。抱っこで無理やり寝かせつけて、自分も休むことも。

    細切れの睡眠で、しっかり疲労が取れるはずもなく、悪循環が続きます。

    それでも、落ち着いてリズムを読んでいたら、夜寝る時間、眠る時間の長さ、ぐずる時間帯などは予測できていたと思います。

    もう少し、体力が回復していたのなら、息子が早朝起床型になったのを機に、自分の生活も改善できただろうにと今更思います。
  • 今からでも遅くない

    夜8時くらいに寝て、夜11時くらいに起きる(パパが帰ってくるのを待っている)、深夜1時くらいに寝て、朝9時ごろに起きるという変なパターンがこの2か月近く続いている息子。

    原因はもちろん、親の私たちにあると思っています。
    原因がわかっているならば、改善も可能なはず。
    それを良しとしないのは、親の方の忍耐力のなさとわがままなのだろうな、とようやく重い腰を上げた本日。

    目指すは「7時起床―夜9時就寝」。子供の生活を取り戻す!
    今後の変化をまた綴っていけたらと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

反省の意味を込めて、自分に甘厳しく振り返ってみました。
育児はママの数だけ、赤ちゃんの数だけあるんだって、それでいいじゃないですかね?
1

上へもどる