カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. 福はうち鬼は外〜!
行事

[0歳6ヶ月]福はうち鬼は外〜! [育児の体験談]

219人に読まれました
2015-07-31 15:25
今年の節分です。
節分は、いつも妹のところの甥っ子達も呼んでやっています。

去年は次女はまだ半年過ぎでわからず、反応はなし。
長女は最初の鬼の登場で少しビックリしていましたが、パパだとすぐにわかり泣いたりもしませんでした。

甥っ子も全然怖がらないので、少し物足りなくなり

いつも豆を買ったときにもらっていた紙のお面でしたが、ネットで少し怖い顔の鬼のお面とかつらを購入。

そして、節分当日の夕方子供たちに、
「パパ、今日夜もお仕事なんだ〜!いってきます!」と言い出て行くパパ。

そしてそのあとすぐ家の横のコンビニに子供たちを連れていくばぁば。

子供たちがいない間にパパは戻ってきて鬼になりカーテンの後ろに待機します。

そして、子供たちが帰宅。
みんなお菓子を買ってもらってご機嫌です。

そして、鬼がカーテンの隙間から顔を覗かせます。

7歳の甥っ子がすぐに気がつき、
「なんかいる!!」と叫びます。
えー、いないじゃーん。と返すと、
「鬼が来たかもしれない。」と少しビビる甥っ子。
その様子になにかを感じでビビる娘たち。

そして、いきなり飛び出す鬼!
長女は大泣き。次女は固まって動けない。
七歳の甥っ子は少しビビって柱の影に。
二歳の甥っ子は大泣き。

もう地獄絵図です。


長女には、節分では、鬼に豆を投げて
鬼は外〜!福はうち〜!ってやるんだよ。と教えていました。

鬼の登場で大泣きをしていた長女、
ハッとした顔をして、泣き止みテーブルの上にある豆をつかんで鬼に投げました!

「おにはそとー!ふくはうちー!」
3回ほど投げると豆がなくなりパニックになって大泣き。

逃げ回っていました。

次女は怖くて大泣きしてるけど、固まってしまって動けていませんでした。

鬼が
「鬼だぞ〜!」と言うと、
ぎゃーーーーーーーーー!!!!と悲鳴をあげて、その場で足踏みバタバタ。
やっぱり動けない。

その後、また豆を手に入れた長女と、甥っ子が豆をまいて鬼を追い返し、今年の節分を終えました。

そのあと、少ししてから、パパが帰って来てみんなで恵方巻きを食べました。


子供がいると、季節の行事も楽しくて、つい親のほうがいろいろと張り切ってしまいますね。

来年の節分もいまから楽しみです。

1

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる