カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 転勤族でも楽しく子育て
産後

[0歳5ヶ月]転勤族でも楽しく子育て [妊娠・出産の体験談]

2425人に読まれました
2015-07-31 17:24
我が家は転勤族。転勤族の子どもは可哀想とか何とか色んなところで言われていますよね( ;´Д`)確かに引っ越す先々で面倒な手続きはあるけれど…でも!私はそんなこと誰にも言わせたくない!のです(>_<)
  • プレイルームや絵本の読み聞かせイベントなど共有スペースへ出かける

    家にばかり居ても当然自分自身も子どもも友達なんてできません(・・;)どんどん共有スペースを利用しましょう!

    知らない人ばかりで、億劫になる気持ちは十分分かります!痛いほど分かります…( ; ; )

    プレイルームでは何回も同じ方に会う機会は稀ですが、市主催の月1で行われているような育児相談や離乳食教室などは、何ヶ月か通っているうちに以前も見かけた方が1人は居るものです(*^^*)

    その機会に、思い切って自分から話しかけてみることで、案外すんなりお友達になれるかもしれません(*^◯^*)何もランチへ出かけたりするレベルまででなくても良いんです。ママが誰かと笑顔で話している姿は、子どもも嬉しくなるはずですから、子ども同士も一緒に遊び始めたりします!

    集団検診は、特に同じ月齢の子どもを持つママと仲良くなるきっかけにもなりやすいです。

    ママが楽しそうに話す姿は、子どもの社交性を身につける良い機会になりますよ( ^ω^ )私は、とにかく外に出て、他のママさんに話しかけるようにしました。それを見て育った息子は、あまり人見知りをせず、プレイルームでは1人でも積極的に初対面のお友達の輪に入っていきます。

    転勤族の子どもだから、社交性がないとかそんなこと1人にでも言われたくないですよねε-(´∀`; )ママの少しの努力と勇気で、子どもの社交性は身についていくかもしれませんよ!
  • 家でも続けられる習い事もある

    最近では、赤ちゃんのうちからできる習い事が増え、実際に通わせている方も多いですよね。公文や英会話、リトミックなど幅広い分野で赤ちゃんを対象にした習い事があります。

    同じ先生から、長く教わることができたら一番良いのですが、転勤族はそれができないんですよね(T ^ T)回数を減らして、県をまたいで通わせているとても素晴らしい熱心なママさんもいらっしゃいますが…現実問題、かなり大変ですよね。

    息子が6ヶ月になったとき、たまたまショッピングモールで貰ったディズニーの某英語DVDをえらく気に入ってしまい、習い事に関してかなり考えました´д` ;そのDVDを毎日棚から引っ張り出してきて、テレビの前でちゃんとお座りをして待つほど、毎日見たがりました。

    【本人の興味次第で何年でも家でできる】という習い事は、数少ないんですよね( ;´Д`)習い事というより教材と言った方が良いのですが…。

    そして、我が家の出した結論は…何か一つでも人より抜きん出ているものがあれば、転勤先でもお友達ができやすいのでは?ということでした♪( ´▽`)それが、息子にとってのチャンスは英語かもしれない!と考えました。

    子どもの興味を大事にしたかったので、少し高くて悩みましたが購入し、現在毎日ありとあらゆるDVDや絵本を見て、キャッキャしています(*^^*)

    もう少し大きくなって、スポーツに興味を持ったら、途中で先生が変わっても続けたがるかどうかでやる気をはかり、見極めていこうと思っています。
  • 1人で頑張りすぎない

    現代、育児ストレスなどで我が子に虐待をしてしまう悲しいニュースが日々飛び交っています。

    誰1人として知っている人がいない環境での子育ては、本当に心細く、こもりがちになることでストレスもたまってしまいます(T_T)

    1人の時間がほんの少しだけ欲しくなるときってありますよね。でも、近くに預けられる人なんていない…と諦めていませんか?

    市町村ホームページで「ファミリーサポート」「相互援助」などと検索してみてください。

    短時間保育よりも、ずっと安く、預かって貰えるサービスが近年増えています。預かってくれる方は、子育てのベテランさんです☆地域のおじいちゃん・おばあちゃんや、おじさん・おばさんなどです。

    依頼する側も預かる側も、事前登録をします。事前打ち合わせもありますので、子どもの生活リズムや性格なども伝えておけるので、安心です。ちなみに私が住んでいる市のファミリーサポートは1時間500円とかなり良心的で、病院に行くときなどに利用しています。

    初回は泣きましたが、2,3回預けているうちに担当の方の顔を覚えたようで、ニコニコ遊んで待っていました^_^

    一番助かったのは、胃腸炎になったときでした(u_u)息子を連れては点滴などできず参っていましたが、本当に助けられました!

みんなへメッセージやアドバイス

我が家は長くても3年のスパンの短い転勤族です´д` ;おそらく今年も秋口に…隣県へ異動です。この先、保育園へ入れるにしろ、働くにしろ、その土地土地の永住者さんに比べて、不利なことはたくさんあるはずです。でも、その土地にはその土地の良さがどこへ行ってもあるものです。子どもが楽しく暮らしていくためには、ママがどんな環境であろうと笑顔を絶やさないことです。どんどん人と話し、市の子どもサポートサービスなどを有効活用して、無理のない楽しい育児ができればと思います^ ^
3

上へもどる