カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中のインフルエザ
妊娠中の生活

[34w]妊娠中のインフルエザ [妊娠・出産の体験談]

795人に読まれました
2015-08-02 00:09
次男、三男を妊娠中にインフルエンザにかかりました。
次男は2月生まれで、妊娠9ヶ月の12月の頃でした。それはそれは、インフルエンザが猛威を振るっている年で長男の通う幼稚園でも学級閉鎖になりました。インフルエンザにかかったらやだなー。と思っていたら長男がわかりやすく発熱…
「わっ!きた!」とすぐに病院へ。幸いにもすぐにインフルエンザ陽性が出てくれた為、お医者様が
私が妊娠9ヶ月とわかると、すぐに私にも予防として処方箋を出してくださり
「隣の薬局でイナビルを吸入して下さい。」と言われ、薬剤師さんの指導のもと、薬局のカウンターで吸入しました。その後、私は長男の看病もしましたが全く発熱や不調にならずに過ごすことが出来てとても助かりました。
三男は6月生まれで、まだ私が妊娠4ヶ月の年末、やはり流行っていたインフルエンザに次男がかかり、発熱したと同時に私にもゾクゾクの悪寒が!やだなぁ、と思いながらも次男を病院に連れて行けば、前回の妊娠中の様に私にもイナビルがもらえて楽になるだろう。と期待して病院へ。次男のインフルエンザ陽性と私にもイナビルが出て吸入。よしこれで楽になれる!と期待していたが、この度はリレンザ吸入が遅かったようで、まったく効き目ゼロ。その夜は40度近い熱が出て次男の看病どころではなく…翌日辛すぎて病院に行くも、イナビルを吸入しているので薬は出せませんと。2日間に渡る高熱と頭痛に参りました。
イナビルはまだ発症する前に吸入出来るのがベストだということがよーくわかりました。
0

妊娠34w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる