カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 出産2日目。乳腺炎一歩手前に!!
産後

[0歳0ヶ月]出産2日目。乳腺炎一歩手前に!! [妊娠・出産の体験談]

1692人に読まれました
2015-08-02 12:19
帝王切開ながら、母乳の出が良すぎて・・入院中、おっぱいが痛くて眠れなかったのが一番つらかった。
  • 母乳の出は、出産初日から助産師さんから褒められるぐらい良好でした。
    母が母乳がでなくて苦労した、という話を聞いていたのでホッとしていました。

    1日目は直授乳は2回のみ。翌日、2日目は調子も良かったので7回授乳。
    しかし3時間ペースだったのが夕方に7時間の時間が空いてしまう。
    ここで初めて「ん?左胸張ってきた?」という感覚があったものの、痛みはなかったのでそのままにしてしまった。
    これが間違いだった・・

    ウトウトしてしまい、夜中に目が覚めると
    「なんじゃこりゃー!!!おっぱいがゴッチゴチ!!!!!痛すぎて眠れない!」
    慌てて助産師さんに助けを求めると、
    「あらら~、乳腺炎一歩手前ね!赤ちゃん起こして吸い出してもらいましょう!」と言われるも
    固くなりすぎて赤ちゃんも上手く吸い出せず。そのうちに泣き出してしまうし。

    自分で搾乳して乳首を柔らかくしようとするも、固くて上手くできない。激痛で涙が出てくるし。
    赤ちゃんはなおも泣き続け。
    夜中なので、同室で入院している人には迷惑だろうし。
    どうしようもなくなり途方に暮れたものでした。

    結局助産師さんにアドバイスを求め、
    赤ちゃんが吸い出せない分、飲みきれない分を搾乳器で搾乳。
    熱を持って痛かったのでおっぱい用の保冷剤で乳房を冷やし。
    詰まった乳腺を再度開通させるよう指で乳首をマッサージしつつ授乳、
    これを繰り返し続け数時間。
    朝になる頃には痛みがひくまで落ち着きました・・・ほんと、どうなるかと思った・・
    ちなみに、下手に乳房をマッサージするのはやめたほうがいいそうです。

    息子は飲んでくれる量も多めだったのも救いでした。
    それ以降、なるべく時間を空けすぎず授乳することを気をつけることで治りました。

みんなへメッセージやアドバイス

いつも同じ姿勢で母乳を与えるのではなく、色々な角度で赤ちゃんに母乳をなるべくいっぱいを飲んでもらうことが大切です。また、体を冷やさないいようにすることも予防につながるそうです。
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる