カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 二人目不妊治療。
妊活

二人目不妊治療。 [妊娠・出産の体験談]

753人に読まれました
2015-08-06 21:44
第一子が産まれて2年経ち、子育ても多少慣れてきた頃、そろそろもう一人子供が欲しいなあと思うようになりました。

一人目は自然妊娠でした。
そして計画妊娠ではありません。
元々生理不順で2〜3ヶ月に1度かひどい時は半年以上生理がこないこともありましたが、自然妊娠できたので二人目もどうにかなるんだろうなと漠然と思ってました。

でも実際計画妊娠したいと思った時に、次の生理との間隔が長く、基礎体温をはかっていてもずっと低温のままなため、次のタイミングがわかりませんでした。
早めに病院に行って、改善して二人目妊娠しないと私も年だし、、、
と思いながら、早速不妊治療の病院へ。

はじめにカウンセリングを受けた際、
〝一人目を産んでるし、30代前半だからまだ間に合いますよ!妊娠できる!!〟
と言われ安心しました。

不妊に通い始めて生理不順の原因を調べた結果、〝PCO 多嚢胞性卵巣症候群〟という病気でした。
PCOとは。
卵巣には卵胞に包まれた卵細胞がたくさんあり、だいたい月にひとつずつ成熟して卵胞が大きくなり排卵しますが、PCOの症状の場合、卵胞が卵巣にたくさんでき、ある程度は大きくなるのですが、成熟しないので排卵がおこりにくくなる病態です。

ただ、私の場合はPCOと診断されても重度ではないから治療をして良い排卵ができれば問題ないでしょうとのことでした。

まずは排卵誘発剤(クロミッド)を服用して排卵を起こすようにしました。
しばらくは基礎体温をみながらタイミング法で妊娠できるかやってみようと。

でも半年試してみましたがだめでした。
毎日こんなに病院に通って検査もしてるのに、、、
病院にくればすぐ妊娠できるかなと思っていたので、焦ってきました。
精神的にも疲れてきていました。
毎回期待をし、結果基礎体温が下がり、生理がきてしまう、、、
朝から気分が下がります。。

先生から、〝卵管造影をしてみようか?〟と。
卵管造影とは子宮に造影剤を入れて子宮の状態や卵管につまりがないかなどを調べます。
また造影剤が通過することで卵管の通りがよくなる治療も兼ねているそうです。

検査の結果、卵管閉塞でした。両方の卵管が詰まっていました。
つまって卵子が子宮にまでいけない状態のようです。
先生から原因は何かはっきりしないけど、自然妊娠は難しいかもね、体外受精考えようか、と。。。

まさかこんなことになるとは思ってもいなかったのでショックでした。
ただ、前から決めていたことは、タイミング法で妊娠ができないなら二人目は諦めようということでした。
仕事もしていたのでこれ以上病院に時間を費やせないことと、体外受精などになってくると費用も相当かかります。

妊娠することをたくさん想像したし、赤ちゃんが生まれた時のこととかもたくさん考えましたが、、、
もう精神的につらかったし、先生に難しいかなと言われた時はさすがにショックでしたが、意外とあっさり諦めようと思えました。

これを機に辛かった毎日の基礎体温もやめました。こころが楽になった気持ちです。
欲しかった2人目、諦めます。

〜続く
1

上へもどる