カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊婦になっても仕事はしたい。
妊娠中の生活

[20w]妊婦になっても仕事はしたい。 [妊娠・出産の体験談]

1714人に読まれました
2015-08-08 14:28
1人目を妊娠している時は正社員として接客業につき、朝8時から残業をしている時は夜10時くらいまでは働いていました。
つわりが落ち着いてくる6ヶ月くらいになるとここぞとばかりに飲みに行く友達について行き、終電まで遊んでいたことも、、、。
今思えばよく妊婦さんなのにそんなことをしていたなあと思います。
妊婦生活が辛くて会社にも行けなくなり、辞めざるをえない方もいらっしゃると思います。
私の場合は、一人目の時、6ヶ月くらいまではつわりが結構ひどかったのですが、比較的朝は楽だったので40分の通勤電車も耐えられました。帰りは電車が座れるまで待ってから帰っていたのでそこまで辛くはありませんでした。つわりの辛さを紛らわせるために仕事をしていたいと思いました。
その思いは二人目を妊娠した時も同じ。
いえにいても辛いのは同じかなと。

二人目妊娠中は正社員ではなくアルバイトだったので、立場的にも多少気楽なのと何より勤務時間が短かったのがよかったです。
上の子は朝9時から夕方6時半まで保育園。
私は朝10時から夕方6時まで仕事。
職場も正社員の時よりうちから近いところだったのでとても気楽でした。
二人目妊娠中は朝もつわりがひどかったのですが、電車に乗っている時間が短かったので耐えられました。相変わらずハンカチと袋は手に持っていましたが、、、

仕事中、具合が悪くなり業務に支障をきたすこともありましたが周りの人のフォローがあったりで乗り越えられました。
私の職場では妊婦さんへの理解、子供がいるママへの理解があるところだったので、つわりがつらくても仕事を辞めたいと思ったことはありません。
子供が熱を出して急に仕事を休むことになっても1日くらいならどうにかフォローをしてもらえます。

私が出勤できて他の妊婦さんやママが急に休むことになった時は私がその分フォローするつもりでやっています。
お互い様ですよね!
職種によってはそうはいかないところもあるのかもしれませんが、もっともっとママや妊娠さんへの配慮がある会社が増えてくるといいなと思います。
1

妊娠20w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる