カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. ママ友って必要?不器用ママでも大丈夫な捉え方。
ママの悩み

[1歳1ヶ月]ママ友って必要?不器用ママでも大丈夫な捉え方。 [育児の体験談]

254人に読まれました
2015-08-05 10:28
「ママ友」のイメージってメディアに踊らされているだけかもしれません。
  • 「ママ友」のイメージ

    筆者が出産するまで、「ママ友」は不要だと考えていました。
    「こわい」「女同士のやっかみ」などマイナスイメージが付きまといます。
  • 自然に出来たママ友

    いざ出産してみて、赤ちゃんが外出出来る頃になると、なんとも言えない孤独感が襲ってきました。
    夫は毎日帰宅が遅いし、近所の実家の両親も仕事を持っている。となれば、日中は赤ちゃんと二人きり。
    なんだか社会から切り離された感覚に。
    そこで、子育てセンターや、赤ちゃんマッサージなどに通うことにしました。

    数回通ううちに、偶然何度も会うママさんと連絡先を交換し、その後も遊ぶことになりました。
  • 職場の同僚として捉える

    社会人だったとき、職場の同僚との関係性ってどんなだったでしょうか。
    私は、「戦友」「適切な距離をもちつつ、せっかく同じ職場で働くのだから良好な人間関係を保つ」というかんじで接していました。仕事が終わると飲みに行ったりして、仕事の愚痴を言い合うのも同じ職場だからこそ分かち合えるのではないでしょうか。

    ママの人間関係も同じだと気付きました。
    同じ子どもを持つ立場だからこそ分かり合えるというのをダイレクトに感じ、適切な距離感で接することが出来るようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

無理に作る必要はないけれど、あったら有り難いママ同士の人間関係。
情報交換も出来るし、悩みの共有も出来ます。
けれども、流動性のあるもの。子どもの成長につれ変わっていくと思っています。
筆者もまだまだ経験の浅いママですが、ご縁のあるママさんたちと温かい関係を築いていきたいと思います。

1

上へもどる