カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 年少からくもんをはじめてみましたが・・・
ママの悩み

[3歳]年少からくもんをはじめてみましたが・・・ [育児の体験談]

622人に読まれました
2015-08-05 20:13
習い事にも向き不向きがありますね
  • 私も主人もくもん育ち

    私たちにくもんの経験があったので、余り悩むことなく長男が年少の頃に公文の算数だけを習わせ始めました。算数だけにしたのは実際自分たちがやっていて暗算に自信が持てたのはくもんのおかげだと思ったからです。
  • 算数一本で

    最初は算数というよりは主に鉛筆の筆圧の練習とひたすら数唱。それから永遠に数字を書くことが続きます。週2回の公文教室に毎日の宿題はプリント10枚と筆圧の練習プリント。4歳になったばかりの子供に毎日やらせるのはなかなかの忍耐力です。が、長男は決して教室に行かない!とは言わなかったし、宿題も「できませんでした」というのが悔しくて必ずやっていきました。彼自身よく頑張っていた方だとは思います。
    おかげで、3年生になった今は4学年先を勉強しています。しかし、我が子の場合は算数のみを学習していたから成せたのだと思います。公文は二教科やっている方が多いように思います。その分宿題も倍でかなり大変です。私達は一つ得意な教科があれば余裕が出来て学校の授業でも他の科目に力が注げるであろうと考え、一科目を貫いてきましたが、成長するにつれ小さい時にこそ他の教科もやらせておけば良かったな。と思うことも多々。大きくなればなるほど時間がなくなるものです。他の習い事や、放課後の遊ぶ時間も大切だし、学校の宿題も増えるばかり。テレビも見たい漫画も本も読みたい・・などなど
  • はじめるタイミングも大事

    でも幼少期に辛い思いをさせて勉強が嫌なものになるのも避けたいですよね。次男が典型的です。長男と同じ時期に同じように公文の算数だけ始めようと入会しましたが、2ヶ月もちませんでした(笑)最初の1ヶ月は楽しそうに通い宿題も頑張ってましたが、1ヶ月を過ぎた頃から、行かな~い!やらなーい!やめるー!と始まり、悩みに悩みましたが一旦退くことにしました。同じ兄弟でもうまくいかないもんですね。

みんなへメッセージやアドバイス

そして、つくづく、子育てには答えがないものだな。と感じます。習い事一つとってもどれが答えかわからない。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる