カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 始まった軟禁生活‼︎ 食事編
妊娠後期(8ヵ月以降)

[30w]始まった軟禁生活‼︎ 食事編 [妊娠・出産の体験談]

1504人に読まれました
2015-08-06 21:42
私の場合、胎児の状態は良好だったので、妊娠糖尿病対策の入院のようなものでした。
  • 少ない…小さい…品物が足りない…

    食事の管理が始まって、最初の病院食はカレーでした。糖質を分割する方法を取り入れていたため、一回のご飯やパンがすごく少ないです。(ご飯は1回60g)カレーの中にご飯を入れても、ほぼルーを食べているような感覚でした。
    お世話になった産科は、みんな個室ですが、御飯時は食堂に集まってみんなで食卓を囲みます。その時に見える通常食のお膳には、たっぷりのご飯と、私にはない品物も…
    ちょっと悲しい気分でご飯を食べました。
  • 気持ちを共感しあえる仲間❤︎

    食事はみんなで食べるので、私のように食事管理している人も沢山いました。しかも、お膳の並び方は何となく管理食と通常食に分かれていて、自分の周りに座る方々はみんな同じ境遇。食事を重ねるうちに仲良くなって励まし合うようにもなりました。個室で常に一人でいる中、この時間は楽しくて、侘しい病院食も凹まずに頂くことができました。
  • 補食

    炭水化物の摂取量を分割にして糖のコントロールをするため、10時、15時、20時に補食と言ってパンやゼリーなどの軽食をとりました。
    初めは、おやつ気分で嬉しかったのですが、それもだんだん飽きてきて、食パンが出る日にジャムでいたずら書きをするようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

補食はいろいろなメニューがあって、全体のカロリーを考えながら栄養士さんが選んでくれました。
約2ヶ月半に渡って補食を食べました。パンに落書きをしていくうちに、だんだんクオリティが上がり、投稿すると友達が絵をリクエストしてきました。^^;
1

妊娠30w前後の体験談

上へもどる