カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 子ども嫌いでも大丈夫!出産後の心境の変化
産後

[37w]子ども嫌いでも大丈夫!出産後の心境の変化 [妊娠・出産の体験談]

490人に読まれました
2015-08-09 17:28
独身の頃は子どもが嫌いというか、どう扱っていいのか分からずニガテでした。

けれどもいざ出産後は色々と心境の変化が訪れる事となりました。
  • 他人事と思えなくなる

    今でも我が子の年齢以上の子どもはどう扱っていいのか分からないときがありますが、他所の子の事は他人事と思えなくなりました。
    実際子育てをしてみると、親御さんの大変さまで手に取るように分かるようになったからでしょうか。

    まだこどものいない時は、奇声をあげて走り回る子どもが鬱陶しかったですが、いざ我が子が2歳くらいになると、興奮すると奇声を上げて走るなんてこともしばしば。

    他所の子どもに寛容になったと言えます。
  • 子ども嫌いがママになるメリット?

    元々子どもに対しての扱いがニガテだったので、我が子が赤ちゃんのときから半分は普通に話しかけていました。
    あとの半分はやはり我が子はあまりにも可愛いので、「○○でちゅねー」などと勝手に親ばか全開赤ちゃん語になってしまってました。

    子ども扱いせずに普通になんでも割とちゃんと説明していたことが良かったのか、3歳半の今は「〇〇だから〇〇になった」という感じで因果関係の会話が増えました。
    あと、なんでも「なんで?」と聞いてきます(これはみんなそうらしいですが)
    いけない事を注意するときも、「〇〇だから止めよう」と理由を付け加えると分かってくれるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもが嫌いでも我が子は別ものというのはよく聞かされていましたが、他所の子に対しても変わってくるとは思っていませんでした。

特に我が子のお友達や同じ保育所の子達はほんとうに可愛く、時に我が子のように思えることも。

3

妊娠37w前後の体験談

上へもどる