カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 3人目の妊娠生活。子供のペースに合わせてのんびり過ごしました。
妊娠後期(8ヵ月以降)

[30w]3人目の妊娠生活。子供のペースに合わせてのんびり過ごしました。 [妊娠・出産の体験談]

498人に読まれました
2015-03-25 00:59
7歳と2歳の子供を抱えての妊娠生活。
つわりが最後までダラダラと続いていました。上の子たちとどのように過ごしたのか、やっておいてよかったことなどを振り返ります。
  • ずっと続く体調不良

    上の二人のときは、12週くらいでつわりが治まり、かなりアクティブな妊娠生活を送れていたのですが、3人目は常に倦怠感があり、食欲もあまり出ませんでした。
    助産師さんには、加齢のせいもあるよねと身もふたもないお言葉をいただいたり(笑)確かにそうですが・・・。
    あと、上二人は夏生まれ、3人目は秋の終わりと妊娠時期にもかかわりがあるのではないかということでした。
  • 子供のペースに合わせてのんびり

    そういうわけで、あまり外食など出歩く元気もなかった私。
    2歳の息子のペースにとことん付き合う日常でした。
    5分で歩ける距離を、寄り道しながら40分以上かけて歩いてみたり、一緒にお昼寝したり。あと少しで、「下の子」生活ともお別れする息子と、じっくり向き合えたのではないかなと思います。
    夕方以降は、7歳の娘の習い事の送迎やらで忙しくしていたので、日中はとにかくのんびり体力温存に努めるよう心がけていました。
  • 出産前にやっておいてよかったこと

    夫婦ともに実家は遠距離で、夫の帰宅は遅いとなると、7歳の娘は立派な戦力になるであろうことは想像に難くありません。
    休日は、食器洗いやお風呂掃除などをお手伝いさせるようにしました。

    また、やっておいてよかったと思えるものは、上の子たちのアルバム作り。
    写真の整理ってついつい後回しになってしまい、気が付くと何年分も溜め込んでしまっていたのですが、スクラップブッキングのキットを買い作業しました。
    これは、自己満足ながら達成感ありました。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中、体調の悪いときは無理は禁物です。
休めるときには休んで、ゆったり過ごしてくださいね。
0

妊娠30w前後の体験談

上へもどる