カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 天使の顔した悪魔?私は母親失格…?
産後

[39w]天使の顔した悪魔?私は母親失格…? [妊娠・出産の体験談]

1582人に読まれました
2015-10-03 09:00
私が出産した病院は、一通りの赤ちゃんの身体検査が終わると、早朝の沐浴、おむつ替えなどを除いて24時間娘と同室のタイプでした。そんな中、私を含めて4人の相部屋。夜中に寝てくれず、乳に吸いつく娘、傷が広がりもげそうな乳首の痛みと戦う私…。にもかかわらず、泣き続ける娘…。入院中の出来事と母親としての葛藤です。
  • 入院生活一日目、全ては順調かのように・・・。

    早朝に出産を終えた私は、4つベッドが並んだ空の病室に運ばれました。そう待たずに娘が運ばれてきました。この子が10カ月、お腹の中に居たんだなぁ…。すやすや眠る我が子を眺めていたら、いつの間にか寝ていました。
    2日間徹夜続きで、一足先に家に帰って休んでいた旦那から電話で目が覚めると、空だった同室のベッドは全て埋まっていました。私以外の同室者はみな帝王切開で、大体9時頃に出産を終えたママたちばかりでした。
    旦那の家族や友達が訪れてくれたものの、他の同室者と比べ、海外で出産した私を訪ねてくる人は極端に少なく、ゆっくり休めると言う気持ちと、淋しさとが入り混じった複雑な気持ちでした。一定間隔で検診に来る看護師さんも優しく「母子共に異常なし、お乳もちゃんと出てますね~。」という言葉に、安心していました。娘は母乳を飲む以外はほとんど寝ている、天使のような子でした。
  • 入院二日目、天使が悪魔に変貌…

     二日目も、順調かのように見えました。昼間は相も変わらず良く眠っていて、友人が面会に来てくれた時も、ほぼ眠っていました。お母さん似だね~なんて言われながら、時々するあくびや手足を動かす動作、伸びの動作を愛しく感じていました。
     しかし、一方で、徐々に乳首に痛みを感じでいました。今思えばまだ慣れず、乳をくわえさせると言うより乳首をくわえさせていたことが原因かと思います。下手くそな母親の授乳に必死で吸いつく娘。
     夕食が終わり、消灯時間になり、しばらくすると娘が目を覚ましました。乳の時間かな…。乳をあげると、咥えたまま私のお腹の上で安心して眠りにつく娘。降ろそうとするとすぐに目を覚まし泣き始めました。仕方なく、また乳を吸わせ、落ち着くのを待ちます。そして、また乳から外そうとすると、泣いて目を覚ます…。病室に居た当直の助産師さんに助けを求めると、抱っこしてなだめてくれたりするのですが、一向に泣きやまない娘…。同室者に申し訳なく、早く寝てくれと思いながらも、一晩中繰り返し、結局娘をお腹に載せたままうたた寝で、夜が明けました。乳首の痛みは激痛に代わり、既にいっぱいいっぱいでした。
  • 3日目、最終夜…これを乗り越えれば家に帰れる!!!

    昼間は相も変わらず天使な娘でしたが、夜になると豹変。一向に寝てくれないのです。思えば胎動も夜間が激しかったように思います。ひょっとして、乳が足りていないのでは??検診に周ってくる看護師さんに伝えると、やっぱりちゃんと出てますよ。と言われるし、原因は一体何なんだ???
     眠気と疲れと乳首の痛みで、パンク寸前でした。泣き続ける娘。当直の助産師さんもいい加減呆れたようで、娘が泣き始めると、まるで奪い取るかのように私から引き離し、あやしていました。それでも、泣きやまない娘。私に戻ってきて乳首を吸い始めると、また少し落ち着くのでした。
  • 退院の日、涙腺崩壊。

     眠れない夜が2日続き、いざ退院の日を迎えました。
    完全に親としての自信を無くし、疲れ果てた私に、最後の一撃を加えたのはベテランらしき年配の看護師さんでした。「娘が一晩中泣いて、寝てくれないんですけど…。」という私に「あんた乳が出てないのよ!!!お腹すかせてんだわ!!」そういって、ミルクを飲ませるため、娘を連れてさっさと病室を後にしました。検診中に毎回母乳は出ていると言われていたのに、なぜ???そんなんも分かんないなんて、あんた親の資格ないのよ!!まるでそう言われているように聞こえました。
     何とか平常心を保っていた私でしたが、退院前に、娘を取りあげてくれた医師、そして担当の助産師さんが順に様子を見に来てくれました。「調子はどう?」見慣れた顔、声を聞き、一気に気が緩んだ私は張り詰めていた糸がプチンと切れてしまったかのように涙腺が崩壊しました。言葉も出ない私の代わりに当直だった助産師さんが夜の様子を伝えると「よしよし。気にしなさんな。皆初めはそんなもんよ。乳首は赤ちゃんが嘗めても大丈夫な薬があるからそれ塗ったらすぐ良くなるから。」慰められ、優しい言葉をかけられるとますます涙は止まらなくなり、まるで溜まっていたもの全てが流れ出しているかのようでした。
     疲れや眠気は相変わらずでしたが、家に帰り、手探りながらも周りを気にせず自分のペースで育児が出来るようになると、ずっと気持ちが楽になりました。
     入院生活は相部屋ということがますます精神的にダメージを与えたように思います。別に娘が泣いても個室ならあまり気にならなかったと思うんです。他のママ、他の赤ちゃんが娘の泣き声で起きてしまうことに、何より気を使いました。食事は美味しかったし、看護師さんも大半は優しかったけれど、入院中はとにかく早く家に帰りたい…。その一心でした。

みんなへメッセージやアドバイス

 経験者のアドバイスは時に助けられ、役に立ちますが、産後の精神状態では時に責められているようにも感じます。不要なアドバイスは適度に聞き流し、自分のペースをつかむまで、マイペースで育児に慣れて行けばいいんじゃないかな、と思います。
2

妊娠39w前後の体験談

上へもどる