カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 新米双子ママ❤︎メンタル編①
ママの悩み

[0歳0ヶ月]新米双子ママ❤︎メンタル編① [育児の体験談]

474人に読まれました
2015-08-11 13:51
産後しばらく長男の黄疸がでていて、次男は体重の増えが良くないので、2日ほど参加での入院が伸びました。そして、二人とももう少しケアが必要との判断から、小児科のGCUに入院となりました。
※GCUはNICU(集中治療室)にいて状態が安定した赤ちゃんがケアを受けるところです。
  • GCU内の病室で親子3人

    NICU内にいた時はチューブや保育器の管理を受けていた長男は容体が安定して保育器を脱しチューブもう外してもらって私の元へ帰ってきました。
    病室内に大人ベッドと子供の治療用ベッド2台…狭かったけど、二人とも私のところにいる事がなんか幸せでした。
  • 安堵と罪悪感と…

    親子3人で居られることの嬉しさの一方で、治療用ベッドに寝て心電図のモニターを付けてる二人を見ていると、もっと上部に産んであげたかったなぁ…と悲しい気持ちにもなりました。普通の子ならもうとっくに退院して元気育っているだろうに…と思うと本当に双子に申し訳なかったです。
  • 二人とも泣いた時

    赤ちゃんは泣くのが当たり前で、生理的な欲求時の他にもなんかむず痒かったり、抱っこして欲しかったり触れて欲しかったりちょっとしたことで泣きます。
    GCUにいる間、心電図モニターを付けてるので双子が泣くとモニターもお知らせ音がなります。そして、それは管理室にも繋がっているのでしばらく泣き止まないとスタッフが来てくれるのですが、それが私にとってはストレスでした。
    お母さんなのに泣き止ませられない…
    1人なら思う存分抱っこできるのに、2人いっぺんに泣いたら抱っこできないじゃない‼︎
    という気持ちになり、そこへスタッフがやってくると何だか、何もできない人と思われているような気分にさえなりました。
    また、この頃は授乳練習とミルクの追加&搾乳が3時間おきに決まっていて、だいたいはタイマーで起きられて頑張れましたが、後半は疲れて寝過ごしてしまい、双子の泣きモニターで来たスタッフに起こされる事が度々ありました。
    その時に、「大変だと思うけど、頑張って起きなきゃ…」と言われて当たり前のことでなんて事ない一言なのに、もうキャパオーバーだった私は、(私だって頑張ってるよ…)と悲しくなりついに泣いてしまいました。
    どうしてこんなにできない私が双子ママなんだろう?この子達、こんなママの元に産まれてかわいそうだ…と何度も思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

異常妊娠、異常分娩、赤ちゃんの異常、授乳&搾乳と色んなことがフルだった時期で自分を保つのが精一杯でした。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる