カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 思い切って断乳!
授乳

[1歳3ヶ月]思い切って断乳! [育児の体験談]

667人に読まれました
2015-10-01 18:27
おっぱいのやめ方は断乳や卒乳など色々ありますが、私は断乳という方法を取ったので、断乳を考えているお母さんの参考になればと思います。
  • おっぱい大好きな息子。

    完全母乳で育てていて、息子はおっぱいが大好きでした。
    1日中とは言い過ぎですが、しょっちゅうおっぱいを飲みに来ていました。

    私は断乳するにあたって、桶谷式母乳マッサージをやっている先生にお世話になりました。

    断乳前からそちらに通い、いつ断乳するのか相談にのってもらいながら、おっぱいがキレイに断乳できるようにマッサージで自覚が無いようなしこりまで全部キレイに流してもらいました。

    時期については、おっぱいが本当に大好きな息子を見ていたら、断乳するのが可哀想で申し訳なく思っていたのですが、その気持ちを先生に言うと、『これだけおっぱいが大好きだったらたぶんいつまでたっても飲み続けると思うから、どこかで乳児から幼児へと成長していけるように、お母さんがその時期を決めてあげるのも良いと思いますよ。』と言われました。

    息子はその時1歳2ヶ月だったのですが、もうしっかり歩いていたので、先生も時期的に早いという事は無いです、との事でした。

    断乳時期の目安として、ちゃんと歩けているという事も条件にあるようです。
    ちゃんと二本足で歩く事が出来れば、ちゃんと食べた物を消化できるという目安なので、おっぱいを止めても大丈夫だそうです。

    離乳食の進み具合はというと、おっぱいが好きすぎて、あまり離乳食はたくさん食べる方では無かったのですが、断乳すると驚くほどしっかり食べるようになるから大丈夫!と言われました。

    そこで、1歳3ヶ月の節目に思い切って断乳する事に決めました。
  • 1歳3ヶ月で断乳。

    1歳3ヶ月になった朝、寝起きの授乳をいつものように済ませました。
    次回の授乳が最後です。

    次のおっぱいを飲ませる前に、
    『これでおっぱい最後よ!これ飲み終わったらおっぱいバイバイやからね?』っと言い聞かすも、分かってるのか分かってないのか…
    そして、思いっきり気がすむまでおっぱいを飲ませて、『もういいの?』といっても飲まなくなったので授乳を切り上げ、私は息子から見えないところでおっぱいに顔の絵を描きに行きました。
  • もう飲めないおっぱい。

    その後しばらくしてまたおっぱいを飲みに来た息子に、『もうさっきでおっぱいバイバイしたでしょ?』『もうおっぱいさん、○○のものじゃなくなっちゃったから、バイバイって言ってるよ?○○もバイバイして?』と言って顔の描いたおっぱいを見せると、はじめは笑っていたのですが、次第におっぱいを探し始めました。
    僕の大好きなおっぱいはどこいっちゃったの???と言わんばかりに、私の服を上からめくったり、下からめくったり…
    そしておっぱいが飲めない事に気付くと、ちょっとすねて離れていきました。

    それを2回ぐらい繰り返してたのですが、とうとう我慢できなくなったのか、息子は泣き出してしまいました。

    私もそれを見てるのが可哀想で可哀想で一緒に泣きました(T_T)
  • 案外すぐに寝付いてくれました。

    なんとか昼間をおっぱい無しで乗り切ったのですが、問題は夜です。
    それまで完全におっぱいに頼って寝かし付けていたのでかなり心配したのですが、案外30分ぐらい抱っこしてると寝てくれました。

    それでもやっぱり、授乳中は夜も1~2回は起きて飲んでいたので、夜中に起きてまた泣き出してしまいました。
    この日は旦那が見かねて、あやして寝かし付けてくれました。
    息子が頑張っておっぱいから卒業しようとしているので、応援してあげたくなったそうです(笑)
  • ガチガチに張っていくおっぱい。

    おっぱい無しで息子のお世話をしていくのも大変だったのですが、それよりも辛かったのが、どんどん張ってガチガチになっていくおっぱいの激痛に耐える事です(T_T)

    とにかく触らずただただ耐えるのみです。

    24時間後に自分で絞っても良いとの事だったのですが、もはや自分で絞っても全然取れません。その後6時間置きぐらいに自分で搾乳し、断乳から3日後にまた母乳マッサージを受けに行って、しっかりと先生に母乳を絞りきってもらいました。

    もうこの時の爽快感といったらヤバかったです(笑)

    体も心も一気にパァ~!っと明るくなりました。

    その後、日にちを開けて何度か先生に母乳マッサージで母乳を絞ってももらい、断乳から1ヶ月でキレイにおっぱいも止まり、シコリも全部取れて断乳が完了しました。
  • その後息子はというと…

    おっぱいを突然に卒業させられてしまった息子はといいますと、なんとか頑張って卒業してくれました!
    昼間は公園に連れて行くなどしてできるだけ疲れさせ、夜に寝てくれるようにしていると、断乳から1週間ほどでおっぱい無しの生活には慣れてくれました。

    ご飯も先生から聞いていた通り、断乳してからおっぱいが飲めない悲しみを食で紛らわせているのかと思う程、食に走るようになりました(^_^;)

    あんなにおっぱいが大好きだった息子が、ちゃんとおっぱい卒業してくれるのかな~とすごく心配していたのですが、なんとか卒業してくれて良かったです。

    私自身も、息子との授乳時間が無くなって寂しい気持ちもありましたが、息子が頑張って乳児から幼児へと成長していこうとする姿を見て嬉しく思います。

    思い切って断乳して良かったです!

みんなへメッセージやアドバイス

きっと、断乳よりも卒乳派が多いかと思うのですが、私としては断乳というイベントを親子で協力して乗り越える事によって、息子も一つお兄ちゃんへと成長し、2人にとっての自信にも繋がったと思うので、断乳を選んで良かったと思います。

断乳を選ぼうと思っている方には、下手に自己流で断乳をしてしまうとシコリが残ってしまったりして、後々厄介な事になってしまう事もあるそうなので、助産師さんなどにきちんと絞ってもらう事をおすすめします。

みなさんが幸せな授乳生活を送れますようお祈りいたします♪
2

上へもどる