カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 娘のママとして‏
ママの悩み

[0歳4ヶ月]娘のママとして‏ [育児の体験談]

2168人に読まれました
2015-08-13 23:07
私が住んでいる国、シンガポールでは産休は4ヶ月しかありません。
今や生活費が高い国で上位にあげられるシンガポールは、ママ達は出産後4ヶ月ですぐに仕事に復帰し、赤ちゃんは住み込みのメイドさんに見てもらうというのが常識です。

妊娠してから、出産後仕事を辞めるべきか続けるべきか悩みました。
これから教育にかかるお金や私たち両親の年齢のこと、自分たちの老後のこと等考えると働いていた方がいいなと思い、働くという選択をしました。
私たち夫婦は住み込みのメイドさんを雇うという選択肢はもともとなく、保育園に通わせながら仕事を続けることにしました。

生まれてまだ4ヶ月半の娘を始めて保育園に預けた朝は、何もわからないけどいつもと違う雰囲気を感じている娘を見て涙があふれました。親の私の方が娘と離れるのが辛いという状態でした。

普段よく笑う娘が、最初の一週間は保育園から帰ってきても笑わない日が続き心配になりました。
オムツかぶれが悪化してお尻が真っ赤になってかわいそうな時もありました。

あれから4ヶ月、娘はすっかり先生達に懐いて笑顔を振りまくようになりました。
この娘の笑顔が何よりも私の栄養剤になっています。

育児に正解はないといいますが、いまでも娘と毎日一緒にいて思う存分遊んであげられないことを申し訳なく思うときがあります。
でも、働きながら頑張って育児をしているママも悪くないんじゃないかな。いつか娘が大きくなってお仕事を頑張ってるママが好きって言ってくれる日がくるといいなと淡い夢をみて頑張っています。

みんなへメッセージやアドバイス

同じようにお仕事をしながら育児を頑張っているママはたくさんいると思います。
子供達のことを思い涙が出ることもたくさんあると思いますが、働くママから子供達が学ぶことはたくさんあると思います。一緒に頑張っていきましょう!
1

上へもどる