カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 手足口病で学級閉鎖‏
病気と症状

[0歳6ヶ月]手足口病で学級閉鎖‏ [育児の体験談]

423人に読まれました
2015-08-14 19:34
先日うちの娘が通う保育園で手足口病が流行り、突然学級閉鎖になりました。
学級閉鎖の期間は土日も含めて12日間。
こんな時、共働きだと本当に困ります。

1日は友人のお家に娘の面倒を見てもらうようお願いし、2日はなんとか私がお休みをもらい、その後の1週間は急遽、母にシンガポールに来てもらうことでなんとか乗り越えました。
孫に会える嬉しさで、母が喜んで来てくれたので助かりました。

幸いうちの娘は手足口病にはかかりませんでしたが、手足口病、かなりのくせ者です。

口の中や手足に水泡の発疹ができますが、子供から子供へ、子供から大人へどんどん移ります。
娘が通っている保育園でも、兄妹で同じ保育園に通っている子供達がいて、お兄ちゃんがクラスで手足口病をもらってきて、妹に移り、潜伏期間があるので妹は移っていることを知らないまま保育園に通い、潜伏期間中も移るので他の子供達に感染します。

学級閉鎖が終わり通常に保育園に通えるようになった後も、大人は保育園の建物の中には入れず、門の外で先生に娘を預け、帰りも門の外で娘をお迎えするという状態が1ヶ月続きました。

感染病、厄介ですね。。。

共働きで頑張っているママは同僚に逐一保育園や子供のこと等を話しておくと理解が得られやすいです。
私も聞かれてもいないのに、娘の学校で手足口病が流行っていることを前もって話していたので、突然のお休みにも理解をしてもらえました。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる