カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 両親学級にいってきました!その2
妊娠後期(8ヵ月以降)

[32w]両親学級にいってきました!その2 [妊娠・出産の体験談]

424人に読まれました
2015-08-20 00:04
両親学級の最初は、栄養、食生活について。
これは前回の母親学級で結構聞いたので、復習のようなかんじでした。
家族全員でごはんを食べた方が、
お母さんの栄養摂取量があがるということと、
お母さんがしっかり食べれれば、
赤ちゃんの栄養摂取量もあがるということ。

家族全員で食卓をかこむようにしましょう、ということでした。


またその後は、
泣いている赤ちゃんのあやし方について。

泣きのピークは生後1ヶ月〜3ヶ月くらい。
必ず終わりはくるので、がんばりすぎないこと。

ミルクをあげても、おむつをかえても、
ずーっと泣いてしまう。
それはみんなとおる道だそうです。
どんな妊娠時期をすごして、どんな産まれ方、育て方をしても、
みんな泣きのピークはあるそうです。

泣いて泣いてしょうがないときは、いらいらする前に、
いったん赤ちゃんを安全な場所に寝かせ、
少しリラックスすることが必要だそうです。

また、里帰りする人や、旦那さんが家にいるときは、少し見ていてもらうだけでも
だいぶお母さんはゆとりをもって子育てをできるようです。
お母さんが笑っていると、赤ちゃんも笑っていてくれる。
まわりの協力が不可欠と話していました。

もう一点、DVDを見たのは、揺さぶられ症候群について。
いらっとして赤ちゃんを揺さぶってしまい、
脳に障害がでてしまうこと。

普段そんなことがなくても、カッとなってしまいつい揺さぶってしまう人もいるのでしょうか…。

揺さぶられ症候群になると、
脳や目の血管が切れてしまったり、神経が傷ついてしまったりで、
言語障害、記憶障害、身体障害や失明、死にいたることもあるそうです…。

これから可愛いべびさんと過ごしていくので、
いらっとしちゃうことがないとは言えません。

それでも極力笑顔で、両親チカラをあわせて頑張りたいですね。
1

妊娠32w前後の体験談

上へもどる