カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 親が決めた習い事
知育

[3歳]親が決めた習い事 [育児の体験談]

546人に読まれました
2015-08-18 11:39
子供の習い事、どうしようかな…と思っている人はたくさんいると思います。
親の希望で習い事の内容を決めるご家庭もとても多いと思います。

我が家も私の希望で息子に3歳3ヶ月からピアノを習わせ始めました。
ピアノを習わせた理由は、私自身がピアノが大好きでやっててよかったな…と思ったからです。

3歳になったばかりの息子。
特に好きだったわけでも、興味があったわけでもないのに、毎日ピアノに座らされる日々が始まりました。

一日5分、ほんの少しだけですが、毎日練習しないと…と私自身が一生懸命でした。
始めたからには、ちゃんとやらなくちゃ!という気持ちです。
上手にとか、すごくできるとかでなくても、少しずつ前進すればいいかな…との思いです。

でも、本当に苦手な息子。
1年やっても、2年やっても音符をなかなか覚えません。

練習時間もほんの少し。
間違えても、できなくても、大丈夫だよー!と励ましながら、褒めながら…でも毎日号泣です。

日々、やめようか…続けようか…
とても悩みました。

続けていたらいつか好きになるんじゃないか。
小さいときに何かに忍耐強く取り組むことは子どもにとっていいことだ…と言い聞かせながらの継続でした。

でも、本当に好きじゃないのが伝わってくるのですよね。
親のために続けているのです。

その姿が健気で、でも申し訳ない気がしてきました。

本当に好きなことに、時間とお金を使ってあげたいな…。
そう思い、息子、夫と相談して辞める決断をしました。

それからはとてもいきいきと好きなことに取り組んでいます。
「辞める」と自分で決断できたことも、自信につながっているようです。

3年続けてきたからもったいない…と思うこともありましたが、
本人が好きなこと、決めたことを尊重する気持ちも、親には大切だと思いました。

でも、これが正解かはわかりません。
苦手でも親が決めたことを続けて大成した人もいます。

正解がないから難しいのですが…。
我が家はこれでよかったかな…と思っています!
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる