カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 2人目・3人目 >
  4. 2人目の悪阻 実録
2人目・3人目

[19w]2人目の悪阻 実録 [妊娠・出産の体験談]

597人に読まれました
2015-08-19 13:55
夏場にピークだった2人目の悪阻。

いくらしんどくても遊びにつき合わないといけないし、食事の用意もしないといけない、、、

ほんとうに泣きそうでした。

まず、食事は自分が食欲もないのに、子どもの分は手を抜けない。でも栄養のあるものを、と思い、当時1歳半の長女にはベビーフードを多用しました。
フタを開けた瞬間のそのにおいに「うっ」となるのでにおいをかげないように口呼吸をして長女に食べさせました。
私の食べられる物はナシやぶどうだけだったのですが、どちらも高価なので、子どもとは時々一緒に食べて、後はちょっと後ろめたかったですが隠れて食べていました。

毎日の公園遊びには連れて行ってあげたかったので、頑張りましたが、これはいい気分転換になりました。
外の空気を吸うだけで気持ち悪さが和らぎます。
家の中にいると、ただでさえやり残している家事を気になるので、強制的に外にでて遊んであげました。
滑り台なども1人では危険なので、お腹が割と目立ってからも上まで登ったりしてました。今から思うと無茶です、、、、

あとはスーパーのにおいがもうダメでした。
入った瞬間にまたもや口呼吸に切り替えて買い物をしていました。

夜は悪阻のピークでぐったりするので、子どもの寝かしつけと一緒になるべく寝ていました。

子どもの世話と最低限の家事をこなして、夫の食事などはほぼしていませんでした。
夫もその辺は理解してくれたので良かったと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

いくら第二子といえ、無理せずに過ごす事が大事だなと思いました。
2

妊娠19w前後の体験談

上へもどる