カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 悲しくて寂しい…断乳の時、おっぱいに鬼を書いた話
授乳

[1歳6ヶ月]悲しくて寂しい…断乳の時、おっぱいに鬼を書いた話 [育児の体験談]

1708人に読まれました
2016-03-10 18:13
上の子は1歳6ヶ月で断乳しました。

下の子が妊娠し、初期出血がみられ、おっぱいを飲まれるとお腹の収縮で痛みがあった事がきっかけです。
もうしおしおのおっぱいだったので吸われると痛みはあり、嫌悪感がでる事もありました。
けれど、断乳ではなく卒乳がしたかったので、子供には申し訳なさでいっぱいでした。
  • 卒乳までは待ちたかったけど…

    おっぱいで安心感を得ているんだろうなと思うともう少し、卒乳まではと思っていたのですが、仕方ないと腹をくくり心を鬼にして、色々試しました。
    もうやめようと思ってからおっぱいに鬼の絵を書きました。

    子供がおっぱいとこちらにきて服をめくろうとしたので、おっぱいを見せるともう大泣きです。
    声にならない声でびっくりして泣いていました。
    そこからおっぱいが欲しいと言わなくなりました。

    触ろうとしますが、途中で手を引っ込めるんです。
    よっぽど怖かったのでしょうね。

    本当はこれで効果がなければ乳首に何か塗ろうと思っていたのですが、そこまでしなくてもよかったです。
  • 精神安定剤のおっぱいがない

    今まで眠る時の精神安定剤おっぱいがなくなったのですから寝る時はなかなか寝れないと大騒ぎです。
    泣いて泣いてのたうちまわっていました。

    抱っこでゆらゆらして泣きつかれて寝た後になんだか辛くて私も泣きました。
    日中、おっぱいに鬼さんがでちゃったからバイバイしようか。と言ってバイバイした事。
    その時の顔を思い出して辛くなって泣きました。
    けど一番辛いのは子供です。

    頑張ろうと思って迎えた次の日は、ぐずぐずはするものの初日よりはすんなり眠ってくれました。
    そして3日以降はすんなり寝てくれました。

    断乳でこんなに悲しく寂しい思いをするなんて思わなかったです。
    子供はよく頑張ってくれたと思います。
1

上へもどる