カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. つわり中の旅行 気をつけたいポイント
妊娠中の生活

[15w]つわり中の旅行 気をつけたいポイント [妊娠・出産の体験談]

2102人に読まれました
2015-08-21 11:21
私の悪阻は、あまり実際は吐いていませんでしたが、いますぐにでも吐きそうな悪阻が3ヶ月続いていました。

一度だけその悪阻中に旅行に行ったことがあります。
そこで気をつけたいポイントをまとめてみました。

・普段は車に酔わない人も気をつけよう

旅先は車で2時間くらいの距離のところでした。

最初は良かったものの、車に乗っているうちにだんだんと気持ち悪くなってきました。
普段車酔いはしないのに、目がぐるぐる回ってきます。
後部座席でぐったりとしていました。

小まめにサービスエリアなどで休憩をしながら行くのがいいと思います。

・服装はラクな格好で

まだお腹も目立っていなかったのでボトムスはパンツでいきました。
パンツと言ってもウエストがゴムなので、大丈夫かなと思っていましたが、長距離車に乗っているとお腹に食い込んでいました。
それが悪かったのか、車酔いすることに。

普段とは身体が違うので長時間車に乗る際にはワンピースなどのお腹が少しでも押さえつけられない格好がいいと思います。

・宿には一言行っておく

気持ち悪いので身体の負担を最小限にしたいもの。
私達の宿は駐車場が広かったので予約時に「妊婦がいるので宿までなるべく近い駐車場の場所を確保していただけば助かります」と伝えておきました。
これで近いエリアの駐車スペースに車を置く事が出来てラクに宿まで移動できました。
他にも必ず禁煙部屋でお願いするなど、何かしら妊婦であることは宿に伝えておくとベターだと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

悪阻中でも少しでも気持ちよく旅行が出来ますように。
0

妊娠15w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる