カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子供の作品はこうして残しています
ママの悩み

[1歳3ヶ月]子供の作品はこうして残しています [育児の体験談]

165人に読まれました
2015-08-24 20:52
私の息子は2歳になる年度から、近所で開催されている親子教室に通っていました。
そこではお絵かきしたり、切ったり貼ったり、小麦粘土で遊んだり、クラフトの時間がありました。
2歳になる年度なので、1歳過ぎから通い始め、はじめはほとんど母がクラフトしていましたが、じょじょにクレヨンを握ってぐちゃぐちゃの線は引けるようになりました。
シールを貼るときも、最初は私ばかりか貼っていましたが、だんだん息子が自分で出来るようになりました。
この、少しずつですが自分で工作できるようになった過程を残していきたいと思い、作品を全て保管することを考えました。
3歳になる年度では、幼稚園のプレ保育に通わせることになり、お絵かきした作品などを持って帰るようになりました。
ますます書いた絵や、作ったものが増えてきて、保管場所に困り始めました。
そこで、すべてを画像にして残すことにしました。
絵などの平面のものはコンビニのコピー機でスキャンし、jpgデータにしました。
工作した立体のものは写真にとっておきます。
それらをフォトブックにします。
作った日付と、その時の感想を一言だけ書いてまとめていきます。
フォトブックはネットなどで編集、注文できます。
サイズやページ数で価格は変わりますが、私は小さいサイズで千円ちょっとのものを頼みました。

みんなへメッセージやアドバイス

子供の作品は成長の証として残したいけれど、どんどん増えてかさばるし、古くなったらボロボロになるし…。
フォトブックならきれいに整理できるし冊数が増えても保管しやすいです。
ホンモノに勝るものはありませんが、思い出を大切にできるのでおすすめです。
1

上へもどる