カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. お腹が重くてでかけたくないけど、楽しめた花火大会
妊娠後期(8ヵ月以降)

[33w]お腹が重くてでかけたくないけど、楽しめた花火大会 [妊娠・出産の体験談]

439人に読まれました
2015-08-24 22:09
夏ですね。
花火、風流ですね。

私は毎年、浴衣を着るのが大好きで、浴衣を着るために花火大会にいったり、
お祭りにいったりするくらいで、
特別花火が好き!とかではないのですぐ飽きてしまうのですが、
今年の夏は妊娠後期。
いつもはお腹にタオルを巻いて浴衣を着ていたのに、逆転です。むしろ着れないし。

浴衣着れないのはしょうがない。
でも少し夏らしいことしたい!(暑い以外で。)

唯一、家の前から花火大会が見える日があるんです。
なんていいところに住んでるんだろう。
しかも、打ち上げはすぐそば。
つまり、かなりうるさいし、かなり人が多い。

当日は混雑しすぎて4G回線がつながらなくなりました。

始まって、最初の10分。外に出てみてましたが、
すぐトイレにいきたくなったのと、
立ってるのが疲れたのですぐ部屋に避難!

窓をあけてみたら、少し遠くの花火大会の様子も見えるではないですか!

いやほんといいとこに住んでるなぁと思いながら、
部屋の電気を消して窓を開けて花火を眺めていました☆

最後の10分!はっきりいって、最後の10分が一番すごくないですか?
あの、やばい!もう時間ない!よし、全部打ち上げちゃえ!みたいな
大量生産。いや、清算?

今度はちゃんとトイレにいってから、外にでて、最後の10分を楽しみました☆


今回は妊娠後期だったから余計に人ごみがすごいところは避けていたのですが、
妊娠中は花火大会もお祭りも難しいですね…。
いつ体調が悪くなるかわからないし、トイレも近いけどそんな外に頻繁にあるわけじゃないし…。

今回は、家から見れたので本当に快適で、いい夏の思い出になりました♪
1

妊娠33w前後の体験談

上へもどる