カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 【帝王切開】 辛かったことランキング 三位から六位
出産

[32w]【帝王切開】 辛かったことランキング 三位から六位 [妊娠・出産の体験談]

1736人に読まれました
2015-08-25 11:10
一位から二位に引き続き三位から四位です。

三位 一度目のときに緊急帝王切開だったため直後は気持ちが受け入れられなかったこと

一回目は妊娠前経膣分娩の予定でした。
数十時間の陣痛の後に、胎児の心拍低下で緊急帝王切開をしましょうと言う事になりました。
産んだあとは、陣痛後の体力消耗のしんどさと、キズの痛みでよぼよぼ歩いていると、経膣分娩ママさん達がすたすた歩いて赤ちゃんのお世話に向かう姿があって落差に落ち込みました。
私はすぽーんと産むお産のイメージをしすぎていたのと、産後のホルモンバランスのせいだったのでしょう。ささいな事でも涙ぐんでいました(退院するころにはすっかり元気なりましたが)

四位 術後、数時間おきの痛み止めの筋肉注射が痛すぎた

飲む痛み止めも服用していましたが、術後二日半ほど、腕に筋肉注射をしました。
これがもう痛くてなかなか慣れませんでした。

五位 点滴に繋がれながらの赤ちゃんのお世話

術後すぐは点滴に繋がれたまま赤ちゃんの授乳が始まります。
我が子は、破水後時間が経ってからの出産だったため、軽度感染症防止のための点滴を数日間されていました。
その点滴の管と、私の点滴の管が絡み合ってしまうし、慣れない授乳の体勢も辛かったです。

六位 しばらくご飯は食べられない
術後は絶食ですし、予定帝王切開の場合は術前も絶食です。
やっと食べられるようになった日も最初は重湯のようなもの。

みんなへメッセージやアドバイス

辛かったことばかりでなく、時間が経つにつれ、帝王切開で良かったことも増えてきました。

我が子にキズの勲章を見せて出産のエピソードをお話してあげられたのが良かったです。
3

妊娠32w前後の体験談

上へもどる