カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後の入院、お世話になったもの!【生理用ナプキン夜用】
産後

[39w]産後の入院、お世話になったもの!【生理用ナプキン夜用】 [妊娠・出産の体験談]

738人に読まれました
2015-08-26 13:43

39週で経腟分娩で息子を出産しました。

自宅で破水することからはじまったので、病院に入院した時には悪露用に病院から
用意してもらっていた産褥パッドを使うことに。
パッドはMとLの2サイズが用意されていました。
しかも陣痛らしきものがこないまま、翌日になってしまいその間にも
どんどん羊水は出てきていたので、産褥パッドもどんどん使いました。

促進剤を使用して陣痛を起こし、その後無事に出産をすることができましたが
産後にまさかの胎盤がおりてこないトラブルが発生。
さらには異常なほどの出血を伴ってきたので、緊急で胎盤を取り出す手術をする
ことになってしまいました。

手術は無事に終了し、その後も問題はなかったのですが、
入院する日数は経過が良ければ1週間となりました。

産後の悪露もそれなりの量があったのと、
会陰切開が間に合わず赤ちゃんの出口が裂けてしまったので、
傷が点在しており傷を化膿させない為にも清潔にしてねーと看護師さんから言われていたので、あっという間に支給分の大サイズのパッドが無くなってしまいました。
小さいサイズは残っていたのですが、それではちょっと不安。

そこで大活躍だったのが、生理用のナプキン、夜用!羽根つき!です。
ベッドで寝ている時間が長かったり、なんだか機敏に動けない状態なので、
産褥パッドよりズレないナプキンが安心しました。

もちろん、入院前には病院から足りない人もいるからあるといいよと言われていたので
1パックは用意はしていました。
でもそれも足りずに結局お見舞いついでに姉に追加を持ってきてもらうことになりました。

出産前は、悪露の量や傷口の感じが全く想像がついていなかったのと
入院が長引くことになるとは思っていなかったので、ちょっと甘くみていたなぁと
思いました。

因みに個人的には産褥ショーツよりも、かなりゆったりめの生理用ショーツが
使いやすかったです。
手術の影響で驚くほどむくんだので、普通のサイズの生理用ショーツでは絶対に
はいりませんでした。



みんなへメッセージやアドバイス


人生で初めての入院になる方もいるかと思います。
不安な部分は少し余分に用意しておいて、家族にあとで持ってきてもらったりできる
ようにしておくといいかもしれません。
特に下着などは、洋服ダンスからあれこれ探してきてもらうのも大変だと思うので
なにかにまとめておくのも手ですね。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる