カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. ママの失敗2-初めて叩いてしまったときのこと
ママの悩み

[0歳7ヶ月]ママの失敗2-初めて叩いてしまったときのこと [育児の体験談]

3734人に読まれました
2015-08-28 22:56
睡眠不足が続き、言うことを聞かない息子。
やりたいことも全くできない、イライラ絶頂・・・気が付いたら・・・

  • 生後7か月、朝からじっとしてくれない息子

    この時期は夜7~9時の間に眠りに入り、また夜11時に目をさまし2時くらいまで起きる、朝は4時~5時に起きだし、寝返りして戻れなくなるため、号泣で起こされるというパターン。
    また、朝目を覚ますと高確率で排便し、大体がユル便。
    早く処理をしないとおむつかぶれが・・・目がさめきらず、意識がもうろうとする中でおむつ替えの準備。
    寝返りができるようになったせいで、何回仰向けにしても嫌がって「くるん」とうつ伏せになる息子。
    ようやくおもちゃで釣って仰向きを保ち、オムツを外した瞬間。
    スローモーションでお尻と足が横切っていくのを見た記憶はあるのですが、気が付いたらうんちまみれになった自分と、カーペット、泣き叫ぶ息子と赤い手形のついたお尻がありました。
    オムツを外した瞬間、うんちまみれのお尻が自分の腹部に接触しながら通過し、ひっくり返ったオムツでカーペットが汚れたのでしょう。
    反射的にカッとなってしまったので、全く無意識のまま息子のお尻を叩いてしまったようでした。
    われに返って、思わず震えが。そして、自分も涙が止まりませんでした。
    何度も「ごめんね」といいながら、うんちを片付けましたが、動揺から手の震えはおさまらず。
  • カウント法ではどうしよもない

    よく、赤ちゃんにカッとなっても別の部屋に行って10数えたらよいなどと聞きますが、今回のように寝ぼけているときなど、意識がしっかり保ててないときはどうしようもないと思います。
    かといって、「どうしようもない」という言葉に甘えていてはいけないとも思います。
    こんな小さな赤ちゃんをたたいたところで、正しくしつけることができるとも思えません。
    今回のことを深く反省し、どうしてこんなことになったのかを考えました。
  • 汚れてもいい。汚せばいい

    なぜカッとなってしまったのかを考えると、やはり「動かないでって言ったのに!汚さないでって言ったのに!」ということがあると思います。
    小さな赤ちゃんにそんなことを言っても無理なのは、ちゃんとわかっています。
    なので、「汚してもいい、汚せばいい」に考え方をシフトすることにしました。
    まず、私は何度も洗濯するのが嫌いでした。あまりさいさい洗濯すると、生地の痛みが早いからです。
    その認識を変えて、汚れたらすぐ洗濯、汚れが気になるならとにかく洗濯。
    一日に何回洗濯してもいいじゃないか、と思うようにしました。
    そして、家にいるときはできるだけお尻をシャワーで洗うことにしました。そうすれば、寝返りで汚されることは少なくなります。
    部屋でおむつ替えをする場合は、広範囲にバスタオルを敷いてから行うようにしました。
    相変わらず、おむつ交換時に寝返りをされ、あちこちうんちが付着することもありますが、随分と慣れっこになってしまいました。

みんなへメッセージやアドバイス

以来、カッとなることはあっても、叩いたりはしていません。
当たり前のことかもしれませんが、こんなことにならないように心を保っていかねばなりません。
頑張って耐えているときほどこういうことが起こりやすいもの。自分に楽なルールを作って、ユル育児をしていきたいと思います。
4

上へもどる