カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 生後11か月目前 指さしが始まる
成長の目安

[0歳10ヶ月]生後11か月目前 指さしが始まる [育児の体験談]

971人に読まれました
2015-08-29 00:11
間もなく生後11か月の時を迎え、新しく成長した息子。
人差し指で空を指し、何かを訴えるように「あーあー」。
数日後、絵や写真を指して言葉にならない言葉を発するように・・・

  • お気に入りは・・・

    今まで、何かを表現する時は平手でところ構わず叩いていた息子。
    生後11か月を目前に、突然人差し指であちこちを指すように。
    指が器用に使えるようになってきたのだなーと思っていたら、数日後床に敷いているアルファベットマットの絵を指して、何かを言いたげ。
    思わず息をのんでしまいました。
    息子の中で表現の仕方が変わった!
    その仕草は、私たちが絵本を読み聞かせするときに行っているしぐさとそっくりだったからです。
    「これはリンゴだね、これは犬だよ」
    そんな感じに絵本に描かれた絵の説明をするときに行ってきたそれ。
    家事の真っ最中でしたが、一緒に座り込んでさされたマットの絵の説明をし続けました。
    それからというもの、ことあるごとに何かを指さしこちらを見てきます。
    絵本を開くと、どうも一番気になっているものを指さすようです。
    息子のお気に入りは太陽の絵。
    黄色やオレンジの太陽をどのページに移っても指さします。
  • スマホをいじるしぐさ

    一方、古いスマホをおもちゃ代わりにおいているのですが、そのスマホを持って人差し指でシュッシュと画面をなぞります。
    誰の真似をしているのでしょう?おばあちゃんがやってきて、それを見て笑っていました。
    やはり、子供の前でスマホをいじるのはよくないかもしれませんね。

みんなへメッセージやアドバイス

今まで一方通行気味だった育児が、気が付くとどんどん変化してきます。
最近マンネリ化してきた遊びのパターンも、また違うステップに上がった気がします。
比例して、自分を含め家族に対する好意の示し方がダイナミックになり、毎日振り回されながらも元気をもらえている気がします。
1

上へもどる