カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 母乳性黄疸だったようです。
病気と症状

[0歳3ヶ月]母乳性黄疸だったようです。 [育児の体験談]

879人に読まれました
2015-09-02 23:05
産後数日で、息子の肌に関して感じてたことはわりと色黒だなということでした。

というのも私も夫もどちらかといえば色が白いほうだったので
それならば赤ちゃんも色が白いだろうと思っていたのですが。

黄疸に関しては、事前に話も聞いていたので心配していましたが
病院の検査ではビリルビンの値も治療が必要なほどではないと言われたのと
母乳性黄疸というものがあるのでその可能性もあります。
と説明をされていました。

退院後に、実家に戻ってからは母乳のみの生活をしていました。
母乳性の黄疸であれば1ヶ月少しくらいで落ち着いてくると思いますと言われていたので
様子を見ていました。

しかし2ヶ月を過ぎてもなんだか様子が変わらない。
これはもうこういう肌の色ということ…?と思いましたが
もう一つ気になっていたのは黄疸特有の白目の色でした。
赤ちゃんの白目は青みがかった感じだと言われていますが、なんだかちょっと黄色…。

やっぱり、とても元気だけど心配だから病院で診てもらおうかなと思っていた矢先。
実家での生活を終えて、自宅に戻ることにしました。

自宅ではわりと陽が差し込む窓側に、ベッドが配置されていて
毎朝、さんさんと朝日を浴びる生活が始まりました。
それから1週間ほどしたある日、ふと息子の顔を見るとなんだか白っぽい。
具合が悪そうということではなくて、色白になっている…?!

おそらくじわじわと紫外線を浴びる中で、戻っていったのでしょう。
さらにしばらくすると、どっちかと言えば色白な部類に入るほどになり
白目もきれいな色に変わっていました。

思えば実家では、明るい場所で過ごしていましたが、浴びるほどの日差しではなかった
かもしれないと思いました。

結局、時期だったのか日差しの量だったのかはわかりませんが
3ヶ月を目前に黄疸はなくなりました。


1歳4ヶ月を過ぎた今では、そんな色白だった腕や足も見事に日焼けしちゃってますが…。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる