カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 出ない。寝ない。眠れない。
授乳

[0歳1ヶ月]出ない。寝ない。眠れない。 [育児の体験談]

352人に読まれました
2015-09-02 22:58
息子を出産して、1週間で退院。

同じ都内の実家に、産後からお世話になることになっていました。
入院中は思うように母乳がでないものの、息子の欲しい欲しい攻撃がすごくて
助産師さんたちにも「すごいねー。元気だねー。」と言われるほどでした。

産後に手術をし、輸血なども行った関係で貧血も併発していたので
しばらくはあまり母乳の出はよくないかもしれないとのことでした。

一応、ミルクをあげることができるように準備をしていましたが
できれば自分の体の練習のためにもなるべく母乳を頑張りたいなーと思っていました。


実家に帰ったその日から、その生活は始まりました…。

とにかく昼間はぐっすりな息子。
起きてくれない。できれば夜に寝て欲しいのだけど…。
そして、なにか思い違いをしたように夜11時を過ぎたあたりからパッチリ!
確かに生まれてすぐの赤ちゃんは、体内時計の関係もあって昼夜が逆転するとは聞いては
いたものの…。ここまでとは。

こちらが眠くて仕方ないあたりになってくると、おっぱいくれくれの大泣きを開始。
けれども十分な量が出ないので、吸わせても疲れてうとうと…。
でも、お腹が空いてまた起きてぐずぐず…。

こちらも新生児という存在に慣れていないので、眠っていても心配。
起きて泣かれても心配。
というどうしようもない心持ちで。
やっと眠ったかな…とそっとベビーベッドにうつすと背中スイッチをオンしたのか
パチッと目を覚ましてまた大泣き。
吸わせている乳首からも何も出てきていないのが感じられてなんだか悲しかったのを
覚えています。
ようやく、落ち着いてきたかなぁと思ったあたりで朝が来る。
そんな生活でした。
とりあえずは日中にゴロゴロして、昼寝もして夜に備えて準備をする生活が
しばらく続きました。

1ヶ月が経つ頃には、母乳の出もわりと良くなってきていて
ミルクは使用しなくなりました。

この先1年くらいずっと思ってたのですが、寝不足は心の余裕をどんどん削っていきます。
眠れる時に眠ることの大切さを実感しました。
そして、妊娠中にたっぷり眠っていたあの甘い生活はこの時の為の貯金だったのかしら…
と思いを馳せています。


0

上へもどる