カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 子どものお菓子事情
幼児食

[2歳]子どものお菓子事情 [育児の体験談]

377人に読まれました
2015-09-03 23:01
子どものお菓子
いつごろから何をあげるのか
お友だちと遊ぶようになってからは
それぞれの家庭の考え方があるので難しいですよね

3歳児のお菓子事情、まとめてみました
  • 赤ちゃんの頃は、お菓子の袋に書いてある〇か月~を参考にして
    赤ちゃんせんべいやビスケットなどをあげていましたが

    2歳を過ぎると
    色々なものが食べられるようになり
    いつどのタイミングでチョコレートや飴をあげるのか
    迷いますよね

    我が家は虫歯予防でチョコレートは2歳まで
    のどつまり予防にガムとアメは今も基本的にはあげていないのですが
    お友だちからもらったりしたときは
    一緒に食べるようにしています

    3歳近くなり、子ども会や子育てサロンで
    お友だちと遊ぶ機会が増え
    おやつをもらったり、あげたりする機会が増えてきたので
    これを機に、と思っているのですが

    中には、お菓子はあげていないという家庭もあります

    私の友人は、パパママともに厳しくしているようで
    4歳になっても、1歳からの〇〇のようなお菓子のみ
    飲み物もお茶か牛乳と徹底しています
    幼稚園に行ったら仕方ないかな、と言ってましたが
    こちらは、虫歯予防と肥満予防。
    自分が子ども時代にぽっちゃりしていたことがコンプレックスだったので
    子どもにはそうなってほしくないとのこと。

    なるほど~。各家庭でいろいろと考えがあるんだな~

    個人的には
    おいしいものを食べた時の
    「うわぁ!!おいし~!!!」という感動や目のキラキラ感も
    成長の1つだと思っていますし

    虫歯も、お菓子だけが原因ではないので

    歯磨きをしっかりとしたり、食べる量を管理したり
    あとは親の役目なのではないかなと思っています
  • おやつは確認をしてから

    3歳近くなってくると
    地域の子ども会や子育てサロンなどでお友だちがたくさん増え
    一緒に遊ぶ機会が多くなりますよね

    私も今年、子ども会に入ったことがきっかけで
    地域にお友だちがたくさん増え
    それぞれのお家にお邪魔することも多くなってきました

    その時に迷うのがお菓子。

    チョコレートやあめなどをお土産にしてもいいものか~と
    毎回悩みます

    持って行って、食べさせていないものだったら困るし
    なにより子どもたちが目にしてしまったら
    食べたい攻撃が始まりますよね

    なので、最近は子育てサロンなんかでお話しするときに
    お菓子どうしているかをさりげなく聞いてみたりしています

    先ほどの友人のように
    徹底しているお宅が他にもあるかもしれませんもんね
  • 見えない袋でプレゼント

    最近、仲良くなったお友だちのママで
    とても素敵にお菓子を渡してくれる方がいます

    お邪魔するおうちの子に
    これ、少しだけど食べさせてないものがあったら
    ママが食べてね!
    と、中身が見えないような可愛い袋に
    お菓子を少しだけプレゼントしてくれるのです

    みんなで食べるお菓子は、みんなでばさーっと買ってきてくれるのですが
    それとは別に家にあったの少しだけ♪と
    小袋のお菓子や飴などをちょこっと
    渡してくれるんです

    100均に可愛い袋が売ってたから~♪なんて言っていましたが
    その気遣いと、こんな可愛い袋を常備している素敵さに
    思わず感動してしまいました(笑)

    子どもたちには見えないから食べたーい!ってならないし
    あとから子どもに見せると特別?!って感じでときめくし(笑)

    季節ごとに可愛いラッピングバックが100均にも売っていたりするので
    こういった気遣いが出来るようになりたいな~と思いました

みんなへメッセージやアドバイス

子どもたちが喜ぶ、お菓子

各家庭の方針があるので
お互いに確認をしあいながら、仲良くなっていけたら一番ですよね!
2

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる