カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. ベビー用品日進月歩【ベビーカー選び】
ベビー用品

[0歳2ヶ月]ベビー用品日進月歩【ベビーカー選び】 [育児の体験談]

474人に読まれました
2015-09-03 11:44
ベビーカーの種類の豊富なこと!
私がベビーカー研究をしていた時でさえ、いろいろな種類があるなぁ、と思っていましたが。
最近は、同じベビーカーを2度見ないような気さえします。
それぞれのニーズに合わせて、革命が起こってますね!
先日、久々にベビー用品店に足を踏み入れて、仰天しましたよ。
折りたためるベビーカーがあるなんて!

…あぁ、自分が必要な時、このベビーカーがあれば。

育児をなさっている世のお母様方は、こんな思いを沢山しているのでしょう…。
ベビーカーに限らず。


さて。
私がベビーカー研究をしていたのは、妊娠初期でありました。
実際に購入したのは妊娠6ヶ月頃。
早めの方でしょうか。
でも、ちょうど安売りのビッグチャンスが到来してしまったので、仕方ありません。
それ程、条件ぴったりのベビーカーだったのです。

私のベビーカーへの条件。
それは、「走行性」「収納性」「重量」おまけでデザイン、という感じです。

とにかく!走行性が一番でした。
自分のベビーカー運転技術に、自信が無かったのです。
段差でつまったり、行きたい方向に車輪が向いてくれない、という事態を極力回避したかったのです。
なので、まず、車輪の大きさ、サスペンションを見ました。
いわゆるタイヤのタイプが理想的でしたが、3輪なのと、収納性、重量でアウト。
それでも探せばあるもので、私が買ったものはちゃんと条件を満たしました。

次に「収納性」。
狭いマンションに住んでいましたので、なるべくコンパクトに収納できるものを選びました。
結構大き目のベビーカーでしたが、これまた!探せばあるんですね、かなり小さく収納できるものが!
ちなみに。
私が買ったベビーカーはベビーカー下の収納、という意味でも非常に能力が高く、お米から日々の買い物まで、そこに収納して移動できました。

「重量」
これは、今思えば、そんなに重視する必要もなかったように思います。
当時は5キロのお米もめったに持たない生活でしたから、それ以上のものはとても重そうに感じました。
でも、走行性が高ければ、重さはほぼ関係ありませんでしたね。
持ち運ぶ事もそんなになかったので、多少重そうでも大丈夫。
子どもを日々抱っこしていたら、体も勝手に鍛わって、結構重いものでも持てるようになりました。

あとは、実際にデパートや赤ちゃん用品店に実物を見に行き、決定しました。
ネットで買いましたが。

ベビーカー研究をしていて、ずっと思っていた事!
それは!

私が乗ってみたい!!


ベビーカー研究も、楽しかったなぁ。
1

上へもどる