カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 時々、三歳児神話に心揺れる在宅ワークの母 続編の続編
ママの悩み

[3歳]時々、三歳児神話に心揺れる在宅ワークの母 続編の続編 [育児の体験談]

279人に読まれました
2015-09-04 11:58
スミマセン、またまた続きからです。

仕事に穴を開けないようにと、一児保育がいっぱいのときにはファミサポを利用することもありました。
ファミサポは偶然知り合いのママさんが預かる側に登録していたので安心感もあり、数時間お願いしてました。
けれどもファミサポはとにかく高いので、やはり仕事ではお願いすることは難しいなと思いました。

そのうちに、新年度がやってきました。
上の子は、(筆者の地域では未就学児の大体の子が)幼稚園入園の年齢です。
周りの働いてないママさん達の子は大体みんな幼稚園に入ります。

しかし筆者自身は幼稚園は全く視野に入れておらず、今後の働く状況が変わってくることも考慮し保育園に入れることにしました。
上の子ももう1歳になってるから大丈夫かなと思ってました。

でも、いざ入れてみると、在宅ワークなのに保育園に預けてる!とかまだまだ三歳以下なのに!とか自分で自分を責めてしまいました。

世のバリキャリママなんて大体が育休明けの1歳児から預けてる人がほとんど。
下の子の1歳児クラスの子は11人もいる。
働くスタイルはみんなバラバラで、短時間パートのママさんも、早朝だけ働いてるママさんも、みんな1歳児(もしくはそれ以下から)から預けてる状況。
他の人を見て同じ状況だから安心という安易な考えかもしれませんが、周りのママ達を見て、三歳児神話に必要以上にビビらなくてもいいなと思うようになりました。

それに、収入は低いと言えど、一応収入は保育料以上はあるんだし、自分に合ったスタイルで無理なく働き続けようと思えるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

なんやかんやいってしまいましたが、三歳児神話は昔の話だそうです。
現代では研究結果でも心配なし!言われてるので、短時間でもきちんと子どもに愛情を注いであげれば大丈夫だと思います。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる