カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子供の叱り方
ママの悩み

[2歳]子供の叱り方 [育児の体験談]

572人に読まれました
2015-09-09 20:44
家では、道徳に反した事や命に関わる危険な事をやった時以外はしからない育児をしています。
しかしそれ以外も子育ての場面では、片付けをしない時、歯磨きをしない時、早く寝て欲しい時、色々な場面で怒ってしまう場面が出てきます。できれば、怒らずに子供が自分でやってくれるようになる事が1番なのですが。そううまくいく事ばかりではありません。暴力を使わないで済む、家での効果的な怒り方を紹介していきます。
  • ベランダに連れて行く

    これは、どうしても言う事を聞かない時の最終手段です。ベランダに連れて行き、鍵をかけますがすぐ出してあげます。

    1度ベランダに出しただけでも効果は抜群です。「ベランダだよ」と言えば、すぐさま言う事を聞くので、本当にベランダに出した事は1、2度くらいですが。はたいたりせずに済むので、効果的な方法だと思います。

    ベランダには反省をさせる意味で連れてく行く場所ではないので、長く嫌な場所に置いておかないで欲しいです。長く置いた場合は、虐待につながる行為です。

    あくまでも、おどしに使う目的でベランダや押入れという場を考えて下さい。

    パパが怒っている場合は、ママがその子をフォローするなど脱道を作ってあげてください。「パパにベランダ連れて行かれるから、お片づけしようか!」など。
  • 鬼のアプリ

    他のご家庭でも良く使用しているアプリだとは思いますが、知らない人の為に紹介させて頂きます。

    無料の鬼のアプリという物があります。このアプリの中には「食べ物で遊んだ時」「寝ない時」「歯磨きをしない時」「言う事を聞かない時」などに様々なジャンルがあり、電話をすると鬼からの着信があり、「もしもし鬼です。また行くこと聞かないんですか?今から行きましょうか?その子にかわってください」と、言いながら鬼がゆっくりふりかえるようになっています。

    まず、着信がなった段階でうちの子は「言う事聞くー!」と動いてくれるのですが、あまり使いすぎると怖くなくなって効果が薄れてしまった時期があったので、使い過ぎ注意です。

    効果がうすれた場合は、鬼の画像を検索して「鬼だよ」「これがくるよ」と見せたり、一時期使う事を辞めました。

    3歳になる現在でもまだ、鬼のアプリは効果的なうちの子です。

みんなへメッセージやアドバイス

言い聞かせる事ができれば1番いい方法ではありますが、うちの子の場合、言って聞くような子ではありませんでした。お子さんそれぞれの性格に合わせて、子供にとってもお母さんにとってもストレスの無い方法を色々試してみて下さい。私自身は子供の頃に親に叩かれて育ちましたが、暴力でおさえつけることは間違っていると思います。
2

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる