カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 気が付けば、こういう性格の子でした
ママの悩み

[2歳]気が付けば、こういう性格の子でした [育児の体験談]

586人に読まれました
2015-09-09 14:53
長男はとにかく文句ばかり言っています。
まず、文句をいう事から会話が始まるのです。
とても困っています。
しんどいです。
うちには、こんな文句言い、いないんだけどなぁ…。

いつからこんな子になってしまったんだろう、と悩んでいるのですが、ふと、彼の幼少期を思い出し、あることに気づきました。

彼は昔から、こんな調子だったかも。

と。


冷静に分析してみようと思います。
「もうすぐ時間だから準備して」
という類の事に対して、ものすごく反発します。
反発する理由は、「今していることを辞めたくない」。
これ、よく考えたら、幼少期からそうでした。
未就園の子が集まるクラブに参加していた時も、片づけを皆がし始めているのに、いつまでも遊んでいました。
小さいうちは、まだ色々理解できないのかな、と思って大目に見ていた部分もあります。
しかし、もう、「小さいうち」ではなくなってきています。

確かに気持ちもわかります。
一番盛り上がっているところに、「おしまい」と言われたら誰でも不満に思うでしょう。
しかし、世の中時間で区切られてた中で、動いているのです。
そこは、割り切ってもらわないと、困ります。

外では頑張っているようです。
先生を困らせるような事は無い様子です。
その分、家でわがままを通そうとするみたいです。
なので、親である私達が困っています。
文句を言っても何も変わらないことに、気づいていないとも思えないのですが…。

こういうのって、性分なのでしょうか。
世の中を知って、変わっていくもの?
悩ましいです。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる