カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 子宮頸管無力症(切迫早産)
妊娠後期(8ヵ月以降)

[28w]子宮頸管無力症(切迫早産) [妊娠・出産の体験談]

2311人に読まれました
2015-09-09 21:24
二人目を妊娠した時、一人目のときより下の方にいるかな?と少し不安を感じていました。ただ、先生にも何も言われなかったので大丈夫だろうと考えてました。
しかし、28周目の健診のとき子宮頸管(通常時45㎜〜35㎜)が20㎜をきり、子宮口(通常時T型)がY型になっていると言われ、子宮頸管無力症と診断されました。もちろん即入院です。
原因は体質だそうで、一人目も37周で産まれていたので、最初に感じてた不安と関係なく、もともとそういう傾向があったみたいです。
対処方としては35周まで入院か子宮頸管を縛る手術(マクドナルド手術)をするかの2択でした。術後は1週間で退院、生活も普通にでき、仕事もしていいと言われ、2歳の子どももいたので手術をすることに決めました。手術も数分で終わる簡単なもので、苦になることと言えば、点滴、頭痛、子どもに会えないことくらいでした。
今はよくお腹が張るので薬を飲んでますが、家事もでき、毎日子どもと会えるので幸せです。

みんなへメッセージやアドバイス

無理しないように。と言っても、すでにお子さんがいる方は難しいと思います。ですが、周りに頼れる方がいるなら、遠慮なく甘えて下さい。そして元気な赤ちゃんを産んで下さい。
0

妊娠28w前後の体験談

上へもどる