カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. ずりばいからハイハイせずにつかまり立ちした!
成長の目安

[0歳9ヶ月]ずりばいからハイハイせずにつかまり立ちした! [育児の体験談]

2260人に読まれました
2015-09-10 13:38
娘が9ヶ月頃につかまり立ちをしました。
ずりばいはするものの、ハイハイはまだしていません。
育児書には、ハイハイせずにずりばいだけをして、つかまり立ちするようになる赤ちゃんもいると書かれていました。
なので、特に心配はしていなかったのですが、検診での先生のお話が興味深かったので投稿しておきます。
赤ちゃんは生まれた時点では、全身が敏感なのだそうです。
大人に比べて、味覚や触覚などが非常に強く感じるそうです。
それが成長とともに良い意味で鈍くなっていくらしいです。
けれど、ハイハイをせずにズリバイを続けている赤ちゃんは膝の感覚が敏感なままのようで、だから膝に力が入って床にこすれるハイハイを好まないのだそうです。
そういう赤ちゃんは他にも感覚が敏感な部分が残っていることがあるそうです。
例えば味覚が敏感だったら、成長に合わせて味や硬さを変えていかないと食べてくれなくなることがあるそうです。
私の娘はちょうどこの時、お気に入りの離乳食メニューをあまり食べなくなり、離乳食をどう進めたらいいか悩んでいた時でした。
先生は、大人が食べて「薄味だけど食べられないほどではないな」というくらい調味料で味付けして下さいとおっしゃいました。
硬さは歯茎でかめる柔らかさにすること。
あと、大きさも重要だそうで、敏感な赤ちゃんは大きすぎると食べられないと判断して吐き出してしまうそうです。

みんなへメッセージやアドバイス

育児書にはここまで細かいことは載っていませんでした。
ずりばいを続けていることは全く問題はないけれど、味覚に関係があるかもしれないというのはびっくりでした。
けれど、アドバイス通りにしたら離乳食を食べてくれるようになったので、さすがお医者さんだなーと思ったのでした。
1

上へもどる