カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 各種制度 >
  4. 子育てをしていて感じる地域差
各種制度

[0歳0ヶ月]子育てをしていて感じる地域差 [育児の体験談]

3336人に読まれました
2015-09-10 23:35
子育てを開始したのは、23区内に住んでいた頃です。
何かと充実していた印象です。
妊婦健診の補助回数も、当時はまちまちでしたが、住んでいた区は他の地域より多かったようです。
これは、産婦人科に通っている時に気付きました。
里帰り出産を予定していたのですが、病院が里帰りの受け入れをしていなかったので、初期から1時間半かけて通っていました。
産婦人科のあった地域と、回数が違ったようです。

さて、出産し、子育てが始まりました。
その間、引っ越しをしてかなりの田舎に住む事になりました。
ここで行政サービスの大きな差に、愕然としました。
以前の住まいは、中学卒業まで医療費が一切かかりませんでした。
今の住まいは、小学校入学までしか医療費の補助がありませんでした。
しかも、500円かかるのです。
月内3回目の同病院診療で、初めて完全に無料になります。
月を跨くとまた、500円です。
ショックでしたね。
こんなに地域差があるのか、と。
しかも、近隣の自治体とでさえ、差がありました。
近隣の自治体は中学校卒業まで補助があるのです。
ただでさえ少子化が酷いのに、子育てがしにくかったら人口増加は望めない、と思いました。

ところがです。
つい先日、補助の期間が伸びました。
500円は変わりませんが、近隣の自治体以上の補助期間となりました。
格差是正の動きがあったのです。
小学校に上がったら、3割負担かとおびえていたので、一安心です。
全国的にも、こういった動きは活発になると良いと、子育て世代としては救われます。

みんなへメッセージやアドバイス

引っ越しをするときは、必ず行政サービスのチェックをしたほうが良いと思います。
駅1つ隣の自治体と、格差があったりするかもしれません。
2

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる