カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 長女のアレルギー:うまく付き合うために
病気と症状

[2歳]長女のアレルギー:うまく付き合うために [育児の体験談]

353人に読まれました
2015-09-11 04:39
長女はアレルギー体質です。判明したのは2歳になったばかりでした。
私は次女を出産して入院中でした。旦那と長女は旦那の実家にお世話になっていたのですが
「長女が風邪ひいたかも~」と連絡が入り、産院が総合病院でかかりつけの小児科も入っていたため受診を勧めました。しばらく鼻水と咳が続いていて、退院して旦那の実家へ行くと
咳はゴホゴホで鼻水も出てるし、目も痒がるようになったんです。
酷くなってくるし、自宅に戻ってもう一度病院に連れて行こうと車を走らせてると何故だか鼻水が落ち着いてきた・・・。
あれ?と思いなんとなくアレルギー?と思っていたように思います。
小児科へ事情を説明して、アレルギー検査を受けました。
1週間後結果を聞きに行くと、やはりアレルギーでした。
結果を待つ間長女の状態はドンドン良くなって咳も鼻水も止まっていました。
結構数値が高くて驚きました。

非特異的lg-Eは2歳で257lU/mL
ホコリやダニがクラス5
犬猫はクラス3でした。

アレルギーを分かりやすく説明すると、コップに少しずつお水が溜まっていたものが一杯になって溢れた時に症状が出るようになるということでした。
からだに溜まっていたモノが溢れ出すのが2歳~3歳だと聞きました。

小鳥も飼っていたのできっとお泊りしている時にコップが溢れたのだと思います。
「犬猫だけじゃなく、毛のついた動物は全部触らない方が良いよ。お布団もこまめに干したり掃除機で吸ったりしてあげてね」とアレルギー用のお薬は旦那の実家に行く前の日から飲むよう指示を受けました。

それから3ヵ月ほどたった頃、夕方から夜・夜中と咳き込むようになり
乾いた咳からゴホゴホ痰のでる咳にかわり吐いて落ち着くと言う(大体数時間でおさまります)パターンが続き、小児科を受診したところ小児喘息と診断を受け
喘息の予防薬を飲んでアレルギーを抑えるお薬も一緒に飲むようになりました。
4歳で吸入器を買って、自宅でも吸入できるようにして
予防薬もオノンからキプレスと言う粉薬とフルタイドと言う吸入タイプの予防薬に変わりました!現在6歳ですがキプレスチュアブルと言う錠剤とアドエアーと言う吸入タイプの予防薬を毎日しています。このお薬に変えてからは、ほぼ発作は出ていません!

旦那実家が農業をしているため、小麦や米の収穫時期はお外が埃っぽくなるため
お外遊びはマスクで予防しています!

2歳の頃、土曜日の午前中に水痘ワクチンを接種したところ
帰宅後から発熱をし、翌日の日曜日には体に赤い紅斑が出はじめ
月ようびの朝には全身と顔の赤いアザのような紅斑が。
小児科で検査を受けると、アレルギー体質のため水痘ワクチンに対してアレルギーが出たとのことでした。点滴を受け1日入院をして、ステロイドの点滴を受けました。

みんなへメッセージやアドバイス

アレルギーの症状が出てしまうと本人も辛いし、家族も辛いです。
悪化させないように、アレルギーを抑える薬や喘息の予防薬など毎日の予防が大切です。
0

妊娠2歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる