カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 貴重な体験
妊娠中の生活

[28w]貴重な体験 [妊娠・出産の体験談]

2725人に読まれました
2015-09-12 22:05
一人目の男の子。現在3歳。
この子がまだお腹にいた頃、切迫流産を機に仕事を辞め、そのまま悪阻も酷くなり、何度も点滴に通い切迫早産にもなった。
安定期に入り悪阻も治まり、体調も安定していたので何度も何度も休憩しながらマイカーで県外へ日帰り旅行に。
楽しく旅行し帰宅途中の高速道路でまさかの出来事。
なんか苦しい。お腹が張る。動機が激しくなる。怖い…
旦那が運転だったので、急いでパーキングに停めてもらい、私は苦しいながら後部座席で横になる。
産まれてきてしまいそうで怖くて、旦那に救急車を頼むが…
こんな時に限って充電切れ…
パーキング中にあったコンビニで事情を説明し電話を借りようとしたが、ムリと言われる。
公衆電話を探し、なんとか救急車を呼んでくれた。
救急車が来て私はそこに乗り込む。
しばらく揺られていると落ち着いてきて、病院に着く頃には完全に大丈夫になっていた。

その頃旦那は、後から来たパトカー、白バイに事情を説明し、色々大変だったらしい(⌒-⌒; )
なぜなら、またまたこんな時に限ってガソリンがカツカツだったから…苦笑

私は人生初の救急車。
ガソリンスタンドの場所、病院の場所を知る為、旦那は人生初パトカーにガソリンスタンドまで先導されると言う、かなり貴重な体験をしました。

後から思うこと。こんなこと初めてだし、病院ではやっぱりなんともないと言われたから、パニック症候群ってやつだったのかな…。

みんなへメッセージやアドバイス

安定期だから大丈夫ではないです。
ガソリンはカツカツギリギリまで我慢しない。
ケータイも万が一に備えモバイルバッテリーなどを持ち歩く。

今となっては笑い話ですが、皆様もお気をつけ下さい。(私みたいなバカはいないか 笑)
0

妊娠28w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる