カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 幼児のお菓子との付き合い方
病気と症状

[1歳1ヶ月]幼児のお菓子との付き合い方 [育児の体験談]

1571人に読まれました
2016-11-02 16:44
市販のお菓子やジュースなどの甘いものを子どもに覚えさせるのは、虫歯予防のためにもできるだけ先延ばしにしたいものです。
保育園や幼稚園に行くようになったりしてお友達と遊ぶ機会が増えたら嫌でも食べるようになりますからね(^_^;)

甘いものが虫歯の原因である事は明らですし、小さい子に歯磨きをしっかりしてやれる訳でもないので、虫歯になってしまっては1番可哀想ですもんね(;_;)

歯科医師の先生も、小さい子の歯をしっかり磨くというのは無理なので、歯磨きを頑張るよりも甘いもの(果物も含めて)を与えないようにする方が効果的だとおっしゃっていました。
(先生によっては、そんな事言っても食べさせないというのも無理ですがね、とおっしゃる方もいらっしゃいますが)

とはいえ、うちの息子は2歳になりましたが、もうだいぶ分かるようになってきていて大人が食べてるものは何でも欲しがります。とくに食いしん坊なので(^_^;)
できるだけ子どもの前では食べないようにしていますが、全く食べないというのも限界があります。
確かに甘いものをあげると喜ぶし、あげなかった時はめちゃくちゃゴネます(ー ー;)酷い時には泣きわめきます。

でも、それで虫歯になってしまったらもっと可哀想です。あんな小さい口をこじ開けて虫歯の治療をさせるなんて、考えただけでも堪えられません(;_;)

チョコレートやラムネ、飴などは歯にくっつきやすく甘くて中毒性があるので3歳くらいまであげない方が良いみたいです。
うちは出来れば焼き芋やトマト、とうもろこしなどをおやつとしてあげていますが、毎日用意する事は出来ないのでバナナや1歳くらいの子用の薄い味のお菓子を食べさせています。
2歳なのに未だに赤ちゃんせんべいとかを喜んで食べています(笑)

甘い物や食事でも味の濃いものばっかりをあげていると、そのクセが付いてしまうと思うのですが、できるだけ薄味のものをあげるように心がけておくと、それでも十分満足してくれますよ(^^)

大きくなるにつれて、外食の時など大人用の食事を取り分けて与える事が増えてきたので、やっぱり野菜が少しずつ苦手になってきています。
1歳ぐらいの頃は好き嫌いせずパクパク食べてくれていたのに…(;_;)

と、お菓子からちょっと話がずれてしまいましたが、何が言いたいかというと、子供の好みを作り上げているのは食べ物を与えている親だということです。
味覚の発達の観点からも、出来る限り薄味のものを長く与えると良いみたいですよ。

ではできたらあげたくない物を子供が欲しがったらどうするか。もうそうなると、もしあげなかったら子供が怒り倒して泣き叫ぶ可能性もあります。もうあげてしまえばその場は収まります。

でもそこで一旦冷静になり、その場でそれを与えてしまって虫歯のリスクを高めるか、泣いて暴れても良いから断固として与えないかと考えた時、私は後者の方が子供のためにはなると思うので、迷ったら与えないようにしています。
何か他の事に気をそらせてやると、案外すぐ忘れるものです。笑

あくまで私のやり方なのでこれが正解かは分かりませんが(^_^;)
でもこのような考え方も一つだと思います!

みんなへメッセージやアドバイス

甘いお菓子を子供にあげると喜ぶし、あげたい気持ちは分かるのですが子供の将来の事を考えると、出来るだけ覚えさせるのは先延ばしにする事を心がけましょう。

虫歯になりにくい体質作りと味覚の発達に有利になって一石二鳥です!

でも親がどれだけ気を付けていても、おじいちゃんおばあちゃん達が与えたがるんですよね(^_^;)喜ぶ顔が見たい一心で…(T_T)

けれど、1度あげてしまうと子供は美味しかった事を覚えています。
結果それが虫歯に繋がってしまったら…怖い怖い虫歯治療を経験させる事になってしまいます(;_;)

それを説明する事が出来るならして、周りにいる大人が気を付けてあげましょう。それか、おばあちゃんの家に行った時だけ、というルールにして普段の歯磨きを頑張るか。
どうかどうか、子供の歯の管理を大人がしっかりしてあげて子供の将来の歯の健康に繋げてあげてください(^^)
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる