カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 予防接種 >
  4. 涙のBCG。
予防接種

[0歳6ヶ月]涙のBCG。 [育児の体験談]

489人に読まれました
2015-09-14 23:25
生後6ヶ月が過ぎて、市の保健センターでBCGを受けに行きました。

注射が苦手な息子が泣くことは必至でしたし、あまり待ち時間が長いのもぐずる気がして
早めに打って帰ってこようと朝一で出かけました。

案の定同じことを考えている方がたくさんいて、番号を貰うもののちょっとだけ待つことに
なりました。
番号でグループ分けがされ、グループごとに接種時の説明→順番に接種という流れに
なっているようでした。
私のグループの順番になり、別室に移動。
接種における副反応についての対応などを説明してくれているも…すでにいつもと
違う環境に不満な息子。
グズグズしだし、腕の中でジタバタ。
他の子はとてもおとなしくしてるので私は焦ってどうにかあやすものの
説明なんぞ頭に入りませんでした。

いざ接種となり、肩の部分が出るように衣服を脱がせ肩を出してください。と言われました。
絶対にこの場面でぐずると思ったので、事前に肩にスナップが付いているタンクトップの肌着を着せてありました。
スナップを外せば肩が全開になり原始人的な感じになるのでこれでオッケーと思ったのですが…。

「脱いでください。それか下から捲り上げてください。こすれたら大変ですから。」
え?こすれるもなにも、半分裸ですけど…うちのこ…。
私と同じことを考えていた親子がいて、全く同じことを言われ二人で顔を見合わせてしまったのはいうまでもありません。
なんて融通きかないんだ…。
寧ろ無理やり脱がせてまくりあげてるあちらのほうがこすれませんか?と言いかけましたが
面倒なので脱がせることに。

もちろん、そこで息子の機嫌は最大級に悪くなり。大泣き。
さらにそこでぶっすりと剣山のような注射をされて、また大泣き。
その泣きに反応して、他数人が泣いてしまいました。ごめんなさい。
もう半分パニックでヒーヒーすすり上げているのがかわいそうでした…。

そこから乾くまでの間、抱っこしているのも一苦労で汗だくでセンターを後にしました。

副反応もなく、その後の経過も順調だったので良かったですが
服を脱がせる時点の対応でもう少し融通きかせてくれよーと心から思いました。
1

予防接種の人気体験談ランキング

上へもどる