カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 「体重足りない→ミルク足して」からの迷走!
授乳

[0歳2ヶ月]「体重足りない→ミルク足して」からの迷走! [育児の体験談]

4838人に読まれました
2016-06-06 15:16
里帰り出産から戻った2ヶ月半頃でした。市役所からの赤ちゃん訪問ということで、保健師さんが家を訪ねてきました。
悩んでいることはあるかとか、市の子育て支援の案内とか、アンケートのようなものとか、ひと通りお話をしましたが…体重について指摘を受けました。

母子手帳に載っているあの「成長曲線」にやや体重が足りていないということで、授乳回数を増やして、また様子を見に来る、となりました。

言われた通り授乳回数を増やし、2週間後。増えがよろしくないということで、「とにかくもっと授乳回数を増やして。そしてミルクを追加してください」と指導。今までミルクを扱ったことがなかったので「どのタイミングで、どのくらいですか?」と聞くも、一般的には母乳の出にくくなる午後、夕方。量は様子を見ながら…と。

今思えば私は、それまで実家で家にこもっていて、戻ってからも特別どこに行くでも誰に話を聞くでもなく、その方の言葉を鵜呑みにするしかなかったんです。

そこから私の迷走が始まりました。。
泣く前におっぱい!そのあとミルク!「これでいいんだ〜これで体重も増えれば安心なんだ!」と思っていたら…まー赤ちゃんの機嫌が悪くなり始めました。おっぱいをあげようとするとギャン泣き。叫ぶ、のけぞる、大粒の涙。おっぱいを諦めてミルクをあげるとごきゅんごきゅん飲みます。そうなると今度は私の心が傷ついていきます。「私のおっぱい出てないんだ。おっぱい不味いんだ。。」

そんな日が続いた夜中、突然おっぱいのしこりに気がつきました。固い固いしこり。痛い。

その朝一番慌てて母乳外来を受診。よーくおっぱいを見てもらって、よーく話を聞いてもらって、助産師さんの見解は…『おっぱいはものすごくよく出てるし質もいい。でも必要以上におっぱいをあげすぎて、遊び飲みされてしまったことからおっぱいが余って詰まってしまった』というもの!『3時間くらいしっかりお腹を空かせてしっかり飲んでもらうように』『ミルクは飲んでくれるなら1日2.3回適度に足せばいい』とのアドバイスでした。

赤ちゃんが欲しがってもいないのに無理やりおっぱいをあげていたことによって、不機嫌にもさせていたし私のおっぱいも詰まらせてしまっていたんです。

ただただあげればいいというものではないんですね。アドバイス通り実践して見事しこりもなくなり!ものすごく学んだひと騒動でした。。

みんなへメッセージやアドバイス

おっぱいのしくみや赤ちゃんとのコミュニケーション、本当に複雑で難しいですね。何が正解かはママと赤ちゃんによって違くて、マニュアル通りにいくものではないんですね。育児の奥の深さったらすごい!
1

上へもどる