カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 出産、退院後のメンタル。マタニティーブルーが辛かった。
産後

[0歳0ヶ月]出産、退院後のメンタル。マタニティーブルーが辛かった。 [妊娠・出産の体験談]

1020人に読まれました
2016-06-06 15:10
子どもが1歳を過ぎた今でも産後のマタニティーブルーの辛さが忘れられないので、体験談として記録しておこうかなと思います。

私の出産した病院では、初産の場合6日間の入院と決められていました。
入院中は夜中でも2~3時間おきに授乳室に通う生活でしたが、食事中やお風呂は1人で過ごすことができたし、家事もしなくて良いし、いつでも話を聞いてくれる助産師さんたちがいる環境で安心して過ごすことができました。

退院するときも赤ちゃん抱えて母に付き添ってもらい、家に帰って寝床を作ったり、保存がきく食事を用意してもらったり写真を撮ったり・・・なんとなくバタバタしていて、不安がやってきたのは母が帰って私と子供の2人きりになってからでした。

「あれ?そういえばお手洗い行ったりご飯食べるときって誰か見てくれる人いないんだっけ?」
「ミルクと母乳の上げ方や量の管理も全部自分でするの?」
「横になって休みたいんだけど、寝たりできるのかな?」

一番辛かったのはやはり寝不足でした。
体力の限界なのに、赤ちゃんの小さな小さな、泣き出す前の息の音ですら胸が締め付けられるようなショックで飛び起きてしまいます。

眠れない、傷が痛い、出産直後から続いている貧血でフラフラ、酷いむくみでパンパン。外にも出られない。靴を履いて玄関を出る主人を見て、自分が牢屋に閉じ込められているような気分になり...。
子供が泣く度に私も泣いて、何が辛いのかわからないけど辛くて辛くて。。
ただ、このような精神状態になることをマタニティブルーと呼び、産後数週間で治るということも予め調べて知っていました。
知っていたのにこれだけ辛かった。
初めての出産。もっとまわりに助けを求めても良かったのかな?と思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

何で里帰りをするのか、意味がやっとわかった気がしました。
身体はもちろんですが、精神面のサポートも含めて助けてもらえる環境があるならお世話になりたかったです。
夫婦だけで乗り切る産後は本当に割りきって家事の全てを放り投げるくらいがちょうど良かったのかもしれません。
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる