カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. ほっておくと怖い目にあいます、乳腺炎!①
授乳

[0歳1ヶ月]ほっておくと怖い目にあいます、乳腺炎!① [育児の体験談]

559人に読まれました
2015-09-26 00:15
上の子のときの話です。
私の乳首が吸いにくい形であることと、息子の口が吸いにくい形であることのWパンチで最初は混合育児でした。がんばって飲ませようとするのですがなかなか飲んでくれず、とりあえず咥えさせたらオッケー、ミルクで補完しておっぱいは搾乳。というスタートでした。この「咥えさせたらオッケー」がいけなかったのか、産後1カ月で乳腺炎になってしまいました。
このとき私は「なんか熱出てきた…頭が痛い…体中いたい…」と単なる熱だと思いながら産婦人科を受診。先生から出てきた言葉は「乳腺炎」。私はここで初めて「乳腺炎」というものを知ったのです。
「マッサージを受けてください」と言われ、通された部屋は陣痛室。他に空きがなかったのでそこで施術を受けることになりました。「母乳の詰まりをとりますよ」と助産師さんがマッサージをしてくれるのですが、これがめちゃくちゃめちゃくちゃ痛い!!!場所が陣痛室ということもあり、なんだか相乗効果で泣きそうになるぐらい痛かった…。助産師さんも「痛いわよねー!私もこんな(痛い)ことしたくないのよー。」と言いながらオッパイもみくちゃ。このマッサージを受けたら、「乳腺炎なんか二度となるか!!」と思います。ええ、ほんと。
結局このときは、家に帰ってからアロエ湿布を貼りつつ、授乳をがんばっていたらとりあえず落ち着きました。本当の乳腺炎の恐怖を味わうのは、これのまた1カ月後…。→②に続きます。
1

上へもどる