カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 3歳から始めた英語教室
知育

[3歳]3歳から始めた英語教室 [育児の体験談]

355人に読まれました
2015-09-28 13:43
今年で年少になった娘に最初に通わせたのが、英語教室でした。
自分が英語が得意でないこともそうですが、これからの社会で英語は必ず必要になってくるし、何より、、私の暮らしている片田舎でも外国人の来訪者や居住者が増えていることが大きく影響していました。
「小さいときに習わせておけば、耳がなれる。」なんてよく聞くし、たしかに、何も分らないまま刷り込んだ方が自然に覚えるかな?なんて軽い気持ちでした。

(まずはよくある通信教材)
最初に取り組んだのが通信教育的な家庭でひたすらDVDやCDを聞かせる教材でした。これなら、家事をしている間に見せとけばいいや。という安易な考えでした。
最初は出てくるアニメーションを見たりしていましたが、そのうち興味を示さなくなり、見たくないと言い出す始末でした。
せっかく投資したのに・・・・。
親の心子知らず。状態でした。
(英語教室に方向転換)
その後も、教材のチラシを見たり、英語教室のチラシを見たり、ひたすら情報検索をして、たどり着いたのが大手の英語教室でした。
私的にはネイティブの教師に教わるのが一番の理想でしたが、こんな片田舎でネイティブの英語教室があるわけもなく、大手の教材なら少しは安心かなと結論に達しました。
幸い、無料体験レッスンがあったので、自宅から近い2つの教室に体験に行ってみることに。
最初に行った教室では、玄関をあけるなり「HELLO!!!●○!!」といきなりテンションMAXの日本人の講師が・・・・。
完全に子どもは引いてしまい、教室内の玩具で遊び倒し、体験どころではありませんでした。
ダメだ。やっぱりまだ早いかなと思いつつ、もう一つの教室に。
その先生は年齢がかなり高齢な感じでしたので、「大丈夫か?英語話せるのか?」と不安がよぎりましたが、なぜか子どもがすぐになつき。楽しそうに体験を始めました。

大手ということもあり、教材もしっかりしており、データ教材はネイティブのものだったのでまあ、いいだろうと感じたこともありましたが、何よりも、楽しそうにゆっくりとした先生(英語のレッスンでも日本語ばかり話す(笑))と英語の教材をスローにこなす姿を見て、ネイティブや先生のスキルばかり気にしてたけど、まずは先生や教室の雰囲気を好きになり、そこから自然と英語に向かわせればいいのかとハッとさせられました。
正直、先生は英語の発音も、上手ではないですが、毎週楽しそうに教室に通う姿。
これでいいのだ。ようやく分りました。

(楽しいのが一番、結果はついてきてる!?と思う)
心配していた発音も、私が聞き取れないような微妙な違いを口に出して話せているようだったので、これからの成長が楽しみです。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる