カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. パパ大奮闘の産後生活
産後

[0歳0ヶ月]パパ大奮闘の産後生活 [妊娠・出産の体験談]

4417人に読まれました
2016-11-07 18:02
生まれてくるわが子と片時も離れたくないパパの希望もあって、一人目出産時は産前産後の里帰りをせず、自宅で過ごしていました。
夫の協力は必要不可欠。
そんな新米パパの奮闘記です。
  • 家事と育児と仕事と。

    退院の日と翌日は、実家の母がいてくれましたが、その後は家族水入らずの生活がスタートしました。
    病院でも、実母・義母にも、私はしっかり寝てなるべく動かないようにと言われていたので、そこは忠実に守ろうと思っていました。

    一日の生活をまとめてみます。

    朝:起きたら食事の支度と私の昼食の支度。
    夫、前日にセットしておいた洗濯物をベランダに干す。
    ゴミをまとめ、夫出勤。

    日中、私は赤ちゃんと一緒に寝て授乳しての繰り返しです。あまり、散らかることもないので、掃除は最低限だけにしていました。静かなので、ひたすらわが子とのんびり過ごせたのでなかなか快適でした。

    夜:9時~10時ごろ、買い物を済ませ、夫帰宅。
    夕食のおかず作り。週末に義母が作り置きしたものを届けてくれていましたが、ほとんど出来合いのものに頼らざるを得ないので、栄養面を考え、みそ汁だけは帰宅前に私が作るようにしていました。

    食後、二人で沐浴。助産師さんに相談したところ、夏場ということもあるし、決まった時間に入れるようにしておけば差し支えないとの事だったので、時間が遅いのはあまり気にしないようにしていました。

    その後、一日のことを報告しながら親バカ談義をしばらくして就寝。

    そんなこんなで、あっという間に1か月検診を迎えていました。
    もちろん、喧嘩もたくさんしましたし、産後ブルーのような状態に陥ったりもしました。
    でも、産後の女性の状態をわかってもらったり、赤ちゃんのお世話を積極的にしたり、パパにとっては良かったと思っています。
    何より、家族水入らずでの生活をスタート出来たことが良かったです。いろいろ不安もありましたが、なんとかなるもんだな~と思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

周りに頼ることができない状況のママもいらっしゃるかと思いますが、過ぎてしまえばあっという間。なんとかなるもんです!!
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる