カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. スーパーマーケットで学べるいろいろなこと
ママの悩み

[1歳6ヶ月]スーパーマーケットで学べるいろいろなこと [育児の体験談]

439人に読まれました
2015-09-28 22:43
子供って早起きです。そしてすぐにお外に行きたがり、車でどこかに出かけたがるんです。
じゃあ遊びに行こうか~って言っても、時間はまだ朝の8時半!公園は雨や寒い日は難しいし、1歳半の息子はまだ乗れない遊具ばっかりでつまらないと駄々をこねるんです。

そんなときついつい行ってしまうのが、スーパーマーケット。
お店によりますが、早い所だと7時台、だいたいのところは9時台には開くので、お昼ご飯の買い物のついでに店内をウロウロ。

歩き始めの子供って、どうしても転びやすいんですよね。なのでお外を歩いているときはヒヤヒヤもの。だけどお店の中はキレイだし、雨の心配もないし暑くも寒くもない!(寒い時はちょっとあるので羽織ものは必須です)

お菓子コーナーでひとつだけ選ばせてみたり、ヨーグルトの味を選んだり、お魚をみたりお野菜を見たり・・・。子供から見てスーパーマーケットってどんな存在なんでしょうね?
でも、小さな目を見開いて、あっちこっちと動き回ります。

もちろん、お買い物をしている人の邪魔をしてはダメです。騒いだり、商品をむやみに触ったりというのはちゃんと叱り、欲しいものだけが「買ってから」自分のものになるということを教えなくてはいけないんです。

また、3歳くらいになると、ポシェットにお小遣いを入れて自分で予算の範囲で買い物をするということも少しずつできるようになります。
値段を読んだり計算したりはまだできないので、私が「これとこれを買うと、残り10円しかなくなるから、あれが買えなくなるよ。どっちか諦めたら?」とかアドバイスしてあげ、自分でどうするか選択させます。

さらに、キッズスペースのあるスーパーだと、見知らぬ子どもと一緒に遊んだり、小学生くらいの大きい子供のすることを一生懸命見ていたります。
大人にとっては物珍しさはないでしょうが、子供にとってはいろいろなことを学ぶ、意外にいい場所なのかもしれません。

1

上へもどる